美容師ってどんな仕事?具体的なお仕事内容を紹介します!

美容のプロとして華やかな世界のお仕事のイメージがある美容師 。

美容師って具体的にはどんな仕事をしているの?どんな技術が必要なの?

という疑問を持っている方も少なくないはず。

そんな疑問を持っている方から、美容師をこれから目指す方、美容師の仕事に興味がある方まで、まずは美容師の仕事内容から知ってみませんか?

美容室だけでなく、まつげサロンやセットサロンなどの美容サロン、雑誌・TVなどのメディアなどのヘアメイクとしてなど幅広く活躍している美容師。

今回は、美容室での仕事内容から、美容師がどんな仕事か紹介していきます。

 

 

美容師とは

美容師は国家資格のお仕事です。カット、パーマ、カラーリングなどでヘアスタイル(容姿)を美しくデザインする髪の専門家です。

お客様の希望や要望と髪質、生活スタイルなどを踏まえてデザインしていきます。

ヘアスタイル以外にもメイクや着付けなども行える美容全般のプロと言えます。

美容師として活躍するには、国の指定する美容師養成施設を卒業し、美容師国家試験に合格することが必要です。

 

スタイリスト

美容師の美容室でのお仕事として一般的にイメージされているのはスタイリストのお仕事です。

スタイリストはお客様の要望を聞き、カット、カラー、パーマなどでヘアスタイルを美しくしていきます。

技術練習を積みそれぞれのサロンが定めている技術に達した美容師が、スタイリストとしてデビューしてお客様の施術を担当できるようになります。

スタイリストの仕事内容は

  • お客様のカウンセリング
  • カット、パーマ、カラー、シャンプーなどの施術
  • お客様のお出迎え、お見送り
  • お会計
  • 予約管理などフロント業務
  • 清掃
  • アシスタントの教育、指導

などです。基本的にスタイリストはサロンの仕事全般にプラスして、アシスタントの教育も大切なお仕事になります。

仕事の種類が多いですが、サロンの規模やスタッフ数、サロン形態によっては、仕事はアシスタントやフロントのスタッフと分担できます。

 

 

 

アシスタント

資格を取得し美容専門学校を卒業し美容室で働き出しても、最初からお客様を担当できるわけではありません。

まずはアシスタントとして、スタイリストの元で学びながら技術を磨いていきます。

アシスタントは勉強、修行の期間です。サロンごとの方法によってカリキュラムを進めながら、スタイリストデビューまでは平均2年~3年くらいです。

美容室によって期間は異なりますが、これはスタイリストとして活躍できる技術基準が美容室次第だからです。

アシスタント時代のカリキュラムもサロンごとにあるので、テストの合格基準や成長の個人差もあり、期間はバラついています。

アシスタントの仕事内容は

  • お客様のお出迎え、お見送り
  • シャンプー
  • スタイリストの施術の手伝い
  • 清掃
  • 技術練習
  • ドリンクの提供
  • 電話対応などフロント業務

など施術以外のサロン業務が主なお仕事です。

また、アシスタントの場合はサロン業務以外に技術練習が大切なお仕事。スタイリストデビューを目指す期間は大変なイメージがありますが、サロン業務ではアシスタントもお客様と接する時間は意外と多く、美容師としてのやりがいも感じられます。

 

 

 

レセプション

最近は専属のスタッフがいるサロンも増えていますが、フロント業務も美容師のお仕事の一つです。

レセプションの仕事内容は

  • お客様のお出迎え、お見送り
  • 予約管理
  • 電話対応
  • お会計
  • 清掃
  • ドリンク提供

など、美容室内には施術以外にも沢山のお仕事があります。

美容師が習得しなければならないことは技術だけではありません。特に予約管理はコツを掴むまで難しいと言われています。

 

美容室のレセプション(受付)の仕事内容とは?

 

 

美容室でのお仕事まとめ

大まかですがこれらが美容室で美容師が行っているお仕事です。

予想以上に施術以外のお仕事も多く感じるかもしれません。限られた人数でサロン業務を行うので、臨機応変に複数の仕事に対応できる能力が必要です。

美容師には、髪だけでなく美容全般への興味がある人が向いています。またコミュニケーション能力など接客業に必要なことも大切です。

人と接すること、話すことが好きな方、人を喜ばせることが好きな方は、直接お客様の反応を見られる美容師のお仕事はやりがいも大きく感じるでしょう。

もちろん好きな気持だけで続けられるお仕事ではありません。練習量が多いことや立ち仕事であることもあり体力は必須です。

また、スタイリストデビュー後もスキルアップを目指したり、常に流行や最新情報を入手したりと努力が必要です。向上心のある方はお客様から信頼され長く活躍できる美容師を目指せるでしょう。

美容師になるには、美容師免許取得が必要です。美容師免許についてはこちら

 

美容師免許を取得する方法とは?

 

 

他にも美容師免許が活かせるお仕事があります。

美容師免許を活かせるお仕事ではアイリストが代表的です。まつげパーマやまつげエクステで目元を華やかにする仕事で、今人気の職種です。

他にもヘアメイクや着付けも美容師の転身先として多い職種です。こちらは美容師免許が必須ではありませんが、美容師の知識や経験、センスが重宝されます。

 

 

理容師との違い

美容師と似た職業に理容師があります。この2職種の大きな違いは’顔剃り’で、理容師免許を持っていれば顔剃りを行えます。

また、美容師は「容姿を美しくすること」が仕事であることに対して、理容師は「容姿を整えること」が仕事であると定義されています。

美容師と理容師の違いについて詳しくはこちら

意外と知らない「理容師と美容師の違い」とは?

 



美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

動画を使った美容師求人サイト’CM&JOB’が運営しています。 文字だけでは伝えきれなかったサロンの雰囲気、働くスタッフの様子を映像で伝えています。 美'allでは、そんな就職・転職活動中の美容師さんたちに役立つ情報を配信しています。