ネイリストならではの悩みとは?解決法を紹介します!

華やかな職業のイメージがあるネイリスト。

どんな職業でも、 その職業ならではの悩みはありますが、人気の職業ネイリストの場合、

「体が疲れる」「目が疲れる」「肩が凝る」

など、座り仕事ですが、体の問題をよく聞きます。

そこで実際どんな悩みが多いのか、対策も含めてまとめてみました。

現役のネイリストさんも、これからネイリストを目指す方も参考にしてみてください。

 

目が悪くなる

ネイリストのお仕事は、小さな爪の上でのデザインのため、とても細かい作業が続きます。

施術全てで1時間半〜2時間程度。

ずっと爪を見つめ、一点集中している状態のため、視力の低下が多いようです。

最初のうちは、眼精疲労のみですが、活躍期間が長くなるほど、視力低下を感じるネイリストが増えていきます。

症状が進むと、ドライアイや眩しさを感じてくることも。 また、目に関する問題としては、老眼です。

 

*対策*

fbadd1f655747029e38e4e2cc8c9f594_s

 

施術と施術の間は、目薬を使用するなどでしっかり目を休ませてください。

コンタクトを使用している方は、コンタクトのケアも手を抜かずしっかり行いましょう。

目の調子が良くない時は、無理をせずメガネを使用することをお勧めします。

スマートフォンの見過ぎも気をつけましょう。せっかくの休憩時間にスマートフォンでさらに目を疲れさせないように。

通勤手段は車や自転車など、目を使う方法は避け、電車やバスがオススメです。

また、目をリラックスさせるグッツを使用してみたり、テレビやPCなどの画面を見る時は、ブルーライトを軽減できるメガネを使用したりなど、目に関する便利なグッツを日頃から使用してみたり、食事を気にしてみると、余計な疲労が軽減されるかもしれません。

 

 

肩こり・腰痛

ネイルの施術中は1時間半〜2時間ほど、座りっぱなしの作業です。

どうしても前かがみになって手元に集中する姿勢が続きますので、肩こりもとても多い悩みです。

また、お客様との距離が近いため、足も楽な形にしづらいです。腰への負担も考えられます。

ネイリストさんの施術する際の姿勢はデスクワークの人よりも肩こりが多いかもしれません。

肩こりはひどくなると、痺れてきたり、頭痛がし出したりします。

そうなると日常生活にも支障が出てきてしまいます。そこまでひどくなってしまう前に、しっかり対策を始めましょう。

 

*対策*

85be25fcc6b6e0ba1622e1466f221d84_s

 

施術中の姿勢を変えることは難しいと思いますので、サロンワーク中は休憩が取れる時にしっかりストレッチしましょう。

お昼休憩などで外出できる時間があるときは、外を歩くこともオススメです。

日頃からストレッチを日課にすることもおすすめします。ポイントはストレッチは肩だけではなく、全身行うことです。

肩こりや腰痛の原因は痛い部分以外にあることもあるからです。

帰宅時に一駅歩いたり、休日など時間が取れる時には運動を行うなど、意識的に体を動かしてみてください。

また、お風呂はシャワーのみで済まさず、しっかり湯船で温まると、肩周りや腰回りの血行促進にも繋がりますので、試してみてください。

 

 

集中力・緊張感による疲労

施術時間の1時間半〜2時間、ずっと集中力が必要です。

お客さまに怪我をさせないためにも集中力は欠かせません。また少しでも早く施術を終わらせるためにも集中力は必要ですね。

特に経験の浅いネイリストさんは緊張状態も続くため、精神面での疲労も大きいです。

こういった疲労は溜まっていくとストレスに直結してしまいますので、注意しましょう

慣れてきて、意識せずにお客様との会話も弾むようになると、少し楽になるかもしれません。

 

*対策*

c306fe2f5ae9cdf11623526501e8b8ed_s

 

休憩時間は、目や体を休ませるだけでなく、脳みそもリラックスさせましょう。

お昼休みをしっかり取れる環境かどうかも就職・転職活動の際に確認することをおすすめします。

また、肩こりや腰痛などの改善の目的も含め、マッサージ店などを利用することもリラックスに繋がります。

ヘッドマッサージはリラクゼーションと眼精疲労の軽減にも繋がります。目的に合わせて利用してみることをおすすめします。

 

 

短期間でのデビュー

上記の悩みとは少し種類が異なりますが、ネイリストとして働くときに、必ず通る研修期間。

求人情報では、ネイリストの場合、だいたい3ヶ月ほどでデビューすることになるサロンが多いようです。

すぐにデビューできるので、始める前は嬉しいかもしれませんが、この短期間でのデビューが体力面、精神面での負担になる方も少なくありません。

練習はサロン以外、自宅での自主練も行う必要があり、人によってはかなり時間を練習にあてる必要があるようです。

そのため、もともと体力がない方や短期間で上達しなければならないプレッシャーで精神的に疲れてしまう方も。

 

デビューまでの期間も体調管理はとても大切です。

せっかくスタートしたネイリスト生活ですので、最初でつまずかないように、気持ちも準備しておきましょう。

 

 

疲れを溜めないポイント

いかがでしたでしょうか。

身体的な悩みは、すべて繋がっていることが多いです。 一つ症状が出始めると、他も影響してくる可能性があります。

忙しいお店や曜日は、続けざまに施術で休憩が取れないこともあるかもしれませんが、できる限りサロンワーク中も休憩時間を確保しましょう。

また、こういった悩みの解決ポイントは、疲れをためずに、日々解消していくことです。

休みの日だけの対策だと、連日の溜まった疲れは取れづらくなっていきます。

まだ症状が軽い、または出ていない内から、対策を日常化しておくことをおすすめします。

ネイリストとして長く活躍できるように、ご自身のケアをしっかり行いましょう。



美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

動画を使った美容師求人サイト’CM&JOB’が運営しています。 文字だけでは伝えきれなかったサロンの雰囲気、働くスタッフの様子を映像で伝えています。 美'allでは、そんな就職・転職活動中の美容師さんたちに役立つ情報を配信しています。