スポンサーリンク
独立開業セミナー_案内

アイリストのサロン見学・面接でのおすすめ逆質問

アイリストのサロン見学・面接でのおすすめ逆質問アイリスト

転職・就職活動を行っているアイリストのみなさんに向けて
『面接やサロン見学時に 聞いておくべき点』をまとめました。

自分のPRも大切ですが、サロン側とお互いに合うかどうかを見極める機会でもあります。
質問によっては自己PRにも繋がります!

質問の機会をうまく活用して、有意義な時間にしましょう!

 

サロンについて

Q. どんなサロンを目指しているか、オープンのきっかけなど

アイリストのサロン見学・面接でのおすすめ逆質問 | どんなサロンを目指しているか、オープンのきっかけなどコンセプトは、ホームページや求人情報に載せているサロンが多いので、確認は必ず行いましょう!

オーナーや経営者が面接担当の場合は特に、コンセプトを読んでみてあなたが共感した点を話すと、あなたの考えも伝わりやすいです。
また、出店計画を聞ければ、あなたの将来の目標、希望のキャリアアップについて話ができます◎

 

Q. サロンの雰囲気やスタッフの様子について

アイリストのサロン見学・面接でのおすすめ逆質問 | サロンの雰囲気やスタッフの様子についてコンセプト同様、事前に調べた情報でサロンの雰囲気やスタッフの様子など、惹かれたことがあれば伝えましょう!

例)
「求人サイトで見た画像・動画で、みなさんが楽しそうに働かれている様子が印象的でした。
こういった環境を作るために何か心掛けていることや現場で取り組まれていることはありますか?」

ホームページや、求人情報には載っていない社風やサロン独自の仕事の取り組み方なども聞けるかもしれません。
特にアイラッシュサロンの場合、スタッフは女性のみの場合も多いです。
雰囲気や人間関係はしっかり確認しておきましょう♪

 

Q. 同じ条件で働いているスタッフの働き方について(パート・アルバイトの場合)

アイリストのサロン見学・面接でのおすすめ逆質問 | 同じ条件で働いているスタッフの働き方について(パート・アルバイトの場合)

「子育てママのスタッフさんがいると求人情報で拝見しました。実際どんなペースで働かれていますか?」

など、実際働いている先輩スタッフの働き方を具体的に聞ければ、自分の働くイメージもつきやすいのではないでしょうか?

また、そのサロンについてしっかり調べてきたこともアピールできます◎

可能であれば、そのスタッフと直接話す機会があればベストです!
そういった時間をもらえるかもしれませんので、スタッフに聞くこと、担当者に聞くことをそれぞれ準備しておいても良いかもしれませんね♪

 

採用担当者に質問するポイント

アイリストのサロン見学・面接でのおすすめ逆質問 | 採用担当者に質問するポイントサロンについての質問はしっかり調べてきたことが伝わると、あなたのサロンへの興味度として伝わります。
サロン側から見ると、この時点でサロンのことを調べているので安心感もあります。

雰囲気や人間関係については、聞く際も上記のように具体的に聞いた方が、知りたいことに近い答えを聞くことができます。

 

入社後について質問

アイリストのサロン見学・面接でのおすすめ逆質問 | 入社後について質問

Q. 練習について
Q. 具体的なカリキュラム
Q. 指導方法について(マンツーマン?みんな一緒か?)

アイリストの場合、求人情報にも詳しいカリキュラムの内容は載っていないことが多いです。
サロンによっても異なることが多い部分なので、進め方やペース、練習会についてなどは、直接聞いてみる方がいいでしょう。

入社後は数週間〜数ヶ月間は研修期間になると思います。
その期間の1日の流れなど、スキルアップに関することは未経験の場合は特に確認しておきましょう!

 

Q. デビュー後のスキルアップ

アイリストのサロン見学・面接でのおすすめ逆質問 | どんなサロンを目指しているか、オープンのきっかけなど全体の練習会が定期的にあるのかなども、事前情報では分かりづらいかと思います。
コンテストへの出場状況なども参考にしてみましょう!

 

アイリスト求人のポイント

アイリストのサロン見学・面接でのおすすめ逆質問 | どんなサロンを目指しているか、オープンのきっかけなど直接聞く内容は、求人情報やホームページに載っていない内容です。
具体的な内容を聞くことで、自分がそのサロンで働くイメージができてきます。

 

トータルビューティサロンの場合

アイリストのサロン見学・面接でのおすすめ逆質問 | トータルビューティサロンの場合アイラッシュ専門ではなく、その他のメニューも行っているサロンの場合、働き方や練習など大きく異なります。
そのサロンでのアイリストの人数やスペースによっては、アイラッシュサロンからの転職の場合、とても大きな違いを感じるかもしれません。

入社後に初めて多くの違いに気づくと
「思っていたのと違った・・・」
ということになりかねません。

働く際に、重視している点だけでも、違いは認識しておいたほうが良いでしょう!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

美容師として活躍している方もアイリストへの転職はわからないことだらけだと思います。

美容師のように明確なカリキュラム等も一般的ではないので、イメージしづらい部分も多いと思いますが、サロン見学や面接はそう言った不安な部分を明確にしていくための機会でもあります。
就職・転職時に不安をしっかり解消しておく事で、長く活躍できるサロンを見つけることができます!

サロン側からの質問にしっかり答えることも大切ですが、それだけで終わりにならないように、事前にしっかり準備しておきましょう!

 

2020年11月30日リニューアルオープン✨
CM&JOBからtocoroni(トコロニ)に名前も変え、生まれ変わりました🎶

tocoroni』 では、求人に関することを気軽に質問して頂けるようLINEの公式アカウントをご用意しています♪
「探している条件に合ったサロンが見つからない…」
「オススメサロンを教えて欲しい!」
など、なんでもお気軽にお問い合わせください♪

タイトルとURLをコピーしました