アイリストの自己PR、志望動機の書き方ポイント!

美容師免許を生かした美容のお仕事として人気のアイリスト。

元美容師さん、 現役美容師さんはもちろん、アイリストになるために美容師免許を取得する人も増えてきているようです。

そこで今回は、アイリストとして働くために必ず通るであろう就職活動での自己PRや志望動機についてまとめてみました。

 

必ず入れるべき項目

まずは、自己PRと志望動機で書くべき項目を挙げていきます。

応募のフォームによっては枠が1つの場合もあるでしょう。違和感がないようにまとめて書くなど工夫してみてください。

 

自己PR

・職歴(職歴の項目があれば、そちらを利用します)

・自分の具体的な長所、強み、エピソード

・その強みを生かしてどうなりたいか

 

志望動機

・どうしてそのサロンで働きたいと思うのか

・どの部分にどのように共感したか

・どうやって貢献していきたいか

 

最初に結論を書いておくと、より伝わりやすくなります。

また、応募前にしっかりそのサロンのことを知りましょう。志望動機の部分にある、どうしてこのサロンで働きたいのか、どこに共感したのかは、サロンのことをしっかり調べないと出てこない内容です。

条件面などだけで決めてしまうと、この部分が曖昧なままになってしまいます。自分に合うサロンを見つけるためにも、欠かさないようにしましょう。

 

 

経験別アピールポイント

では、それぞれの経験や転職状況から、どんな内容をアピールできるかを紹介します。

前項で書いたように、自分の強みやそのサロンを選んだ理由を盛り込むことを忘れずに考えてみてください。

ea381e15960e4ff50f6debaac8028215_s

 

美容師からの転身

美容師としての職歴や、経験から学んだこと、努力してきたことなどをアピールしましょう。

美容師としてのスキルはアイリストになると発揮することがなくなりますが、仕事に対する姿勢や、スタイリストの場合、美容師としての実績、経験、学んだことなどはもちろん、後輩の育成面でもアピールできます。

アシスタントの場合、練習で工夫していたことや努力していることをアピールできます。また、接客面はアイリストになってからも応用できることが多いですので、工夫していることや心がけていることなどアピールしてみましょう。

もちろん、美容師としての転職ではないので、アイリストとしての仕事に活かせる経験やスキルをアピールしましょう。

また、どうしてアイリストに転身したいのかも大切な要素です。

 

元美容師で美容の仕事に復帰したい

美容師として活躍していて、結婚や出産で一度退職後、美容の仕事で復帰したい方がアイリストの職を選ぶ人も多いです。

そういった方の場合も美容師時代のアピールができます。

それを踏まえて、美容師の経験をどうアイリストのお仕事に生かしていけるのかを入れましょう。

お仕事のブランクや働き方などで、不安があると思いますが、不安を前面に出してしまうと相手も不安になってしまいます。

どう取り組んでいけるのか、どんな働き方で貢献できるかを考えて、追加してみましょう。

他には、美容の仕事を続けたいことや、どうして美容師からアイリストになりたいと思ったのかも大切です。

 

アイリストとして経験あり

アイリストとして経験がある方の場合は、アイリストとしてのスキル、経験、指名数などアピールポインとは沢山あると思います。

この場合、気をつけるべきは、転職理由を伝える時です。

転職の理由がネガティブになってしまう場合、どうしてこのサロンに興味を持っているのかなどに変換してみましょう。

例えば、スタッフが楽しそうに働いている、明るい雰囲気など、サロンの特徴を入れてみたり、スキルアップしたいなど前向きな内容は担当者の印象にも残るでしょう。

 

新卒でアイリストに

美容学校で美容師免許を取得、卒業後、すぐにアイリストになる方は、アイリストとしてはもちろん、美容師としての経験もないので、学生時代のPRがメインになります。

学生生活で頑張ったこと、積極的に取り組んでいたことなどの他に、’失敗から学んだこと’などは、一般的に採用担当者が注目する項目だと言われています。

社会に出た後、様々な壁や試練が訪れます。そんな時に乗り切れるかどうか、どうやって取り組む人なのかを伝えることができます。

どうして新卒からアイリストを目指そうと思ったのか、将来像なども入れてみると伝わりやすいかもしれません。

 

 

自己PR、志望動機の注意点

抽象的な表現は避けましょう。

例えば、「協調性がある」「積極的」「行動力がある」などの言葉は抽象的です。あなたのその特徴がわかるエピソードを話したり、どんな積極性なのかを深堀りする必要があります。

最初はウェブから応募する方が大半だと思いますが、手書きの履歴書を提出する場合は字を丁寧に書きましょう。また、紙の場合は特に余白が目立ってしまいます。長過ぎるのもよくないので、決められた文字数に収めるなど文章量も気にしてみましょう。

インターネット上に載っている例文をそのまま使うなども厳禁です。見たことのある文章や言い回しは、良い印象を与えません。

自己PRも面接時も自分の言葉で伝えましょう。

 



美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

動画を使った美容師求人サイト’CM&JOB’が運営しています。 文字だけでは伝えきれなかったサロンの雰囲気、働くスタッフの様子を映像で伝えています。 美'allでは、そんな就職・転職活動中の美容師さんたちに役立つ情報を配信しています。