美容師版’自己PR’の書き方ポイント!

就職活動、転職活動の際、誰もが悩むことになる自己PR。履歴書、 ウェブやメールでの応募時、面接の時など、意外と書いたり話したりする機会も多いです。

美容師のみなさんも、どんなことを書いたらいいのか迷うことも多いのではないでしょうか。

あまり多く詰め込んでも、相手が読みにくくなってしまうので、一番効果的に自分をアピールできる内容に絞り、簡潔にまとめることがポイントです。

まずはどんな項目で自己PRできるのかを知ることが大切ですので、参考にしてもらいたい点をまとめました。

 

自己PRに入れるべき項目

まず、美容師さんにオススメのアピールポイントを3つ紹介します。

  1. 経験年数、実績、前のサロンでの役割など具体的な内容
  2. 何ができるか、この美容室でどう貢献できるか
  3. どうしてこの美容室に入りたいのか

抽象的な内容や表現ばかりだと、伝わりづらい上、印象が残りづらいです。サロン側が、あなたがサロンで働いている姿を想像できるよう、具体的な内容を入れてください。

例えば1の項目で言うと、顧客数、アシスタントの教育担当をしていた経験、コンテストの入賞歴、ヘアショーの経験などを入れると具体的になります。

新卒の場合は、美容師を目指した理由や意気込みでアピールできます。学生時代にコンテストへの参加や、作品作りの経験があれば、それらもアピールになるでしょう。

また、実績のアピールポイントがあるスタイリストに比べ、アシスタントは技術面でもアピールポイントが少ないので、今の時点でできる技術のの他に、目標や粘り強さや接客面のことも加えてみると良いです。

スタイリスト、アシスタント、新卒、転職者、それぞれの内容に合った項目を工夫してアピールしてみてください。

 

こんな項目も入れられます

他にも下記のような視点でのアピール方法もあります。

  • 美容師という仕事に対してのポリシー、姿勢(どんな接客を心がけているか、お客様とのコミュニケーションで工夫していること、など)
  • コンテストや実績を得るために自分で工夫したこと、努力したこと(練習方法、時間の使い方など)
  • 美容師の仕事に役立っている自分の長所(向上心がある、人が好き、話すことが好き、新しい物が好き、など)
  • 周りからどんな人だと思われているか

履歴書やメールは欄が小さく、書ける量も限られるので、これら全てを入れる必要はありません。

一度、思いつく項目を全て書き出してから、自分が一番アピールしたい事、サロン側に伝えたい事を選んでみるとスムーズに自己PRを作れるでしょう。

 

 

パート美容師の場合のポイント

パート勤務希望の場合、働く時間や曜日、場所などがある程度決まっていると思います。

そのため、PRと言うよりは希望を伝えることが多くなるかもしれません。お子様の有無でも変わってきます。

1日何時間、何時〜何時の間、週何日、曜日などご自分が可能な勤務条件を事前に整理しておき、優先度も考えておくとサロン選びでも役に立つでしょう。

もちろん美容師は技術職ですので、他の職種と違い、経験年数やスキルも必要です。

スキルが不安な場合は、不安に思っていることを伝えましょう。多くのサロンがブランクがある方の技術サポートを行っています。

求人情報に明記されていなくても、技術の確認などが可能かどうか聞いてみてはいかがでしょうか。

こういった条件面は、働く上で必要なことですので、確認をすることは大切です。

一方、それ以外のサロンの特徴が応募理由になっていることもあるでしょう。

’女性がたくさん活躍している’、’子育て中の美容師さんが活躍している’、などそのサロンの惹かれた部分を伝えることもお勧めします。

そしてもちろん、どうして美容師として復帰したいのか、その気持ちがそのまま、あなたの自己PRになるのではないでしょうか。

 

パート・アルバイトの美容師求人(東京)はこちら

 

 

新卒美容師の場合のポイント

新卒の美容師さんの場合は、技術や経験面でのアピールができないことに不安を感じているのではないでしょうか。

これは、美容師に限らず全ての職種の新卒生が同じです。

学生時代の取り組みやアルバイトの経験についてのアピールは良く言われていることです。

美容師さんの場合、どうして美容師を目指したのか、という部分も大切ではないでしょうか。

これは将来どんな美容師になりたいかという内容にもつながるからです。

このページを見ている新卒の美容師さんは、すでに応募先が決まっている方が多いと思います。サロンを選ぶ際、こんなサロンで働きたいという希望の中に、将来自分がなりたい美容師に近づける要素があったのではないでしょうか。

こういった面でも、どうしてそのサロンを選んだのかを自分の意気込みと交えて伝えられます。

 

新卒美容師の求人(東京)はこちら

 

 

自己PRを書く上で注意すること

内容はもちろん、書き方でも気をつけるポイントがあります。

  1. 履歴書の場合は、丁寧な字で書き、メールの場合は読みやすいように改行も上手く使ってください。全て書き終わったら、誤字脱字の確認を忘れずに行いましょう。
  2. メールやウェブで書いた自己PRと紙の履歴書の自己PRの内容は被ってかまいません。全く異なる内容を書いてしまうと、逆にPR文自体の信頼度が下がってしまいますので、気をつけてください。また、転職の理由を書く場合は、前向きな内容を伝えましょう。
  3. 複数サロンに応募する場合、完全に同じPR文の使いまわしはやめましょう。自分の実績などはもちろん同じ内容になりますが、そのサロンで活躍したい理由はサロンごとに異なるはずです。抽象的な内容を書けばどのサロンにも当てはまり便利に感じても、アピール力が薄れてしまいます。どうしてこのサロンを魅力的に感じたのかを丁寧に書けば、サロン側の印象にも残るPR文になるでしょう。
  4. 実際と異なることを伝えたり、よく見せようとする必要はありません。こうしてしまうと、実際に働いてみてからギャップを感じたり、働きづらく感じたりしてしまいます。本当にあなたにピッタリのサロンで働けるように、あなた自身も意識してみてください。

自己PRに「正解」はありません。

一人一人の内容が異なって当然ですので、インターネット等にある定型文は参考程度に、自分を理解してもらえる内容を意識しながら考えてください。

 

 

 迷ったらまずは自己分析

自己PRを書く上でも、サロンを探す上でも大切な要素が自己分析です。

何から始めるべきか迷った場合は、まずは自己分析から始めてみてください。

例えば

  • どうして美容師になろうと思っていたのか
  • どんな美容師を目指しているのか
  • 美容師の仕事をする上で心がけていること
  • お客様、スタッフとのコミュニケーションで気をつけていること
  • 今までの実績はどんな努力の結果か
  • 成長過程で大変だった時、壁にぶつかった時、どうやって乗り越えたか
  • どうして転職をしたいのか

などの内容で、今までの経験や実績を振り返ると、自分が今後どんな技術を身に着けたいのか、どんな活動をしたいのか、どんな働き方をしたいのか、美容師として目指しているものなどが見えてきます。

自己分析ができれば、自然とあなたに合う美容室の特徴も見えてくるでしょう。

ここでの自己分析は、この後に待っている面接でも役に立ちます。

自己PRは応募時に初めて考える方が多いかと思いますが、最初にやってみると転職、就職活動自体がスムーズに進められます。一度試してみてはいかがでしょうか。
 

 
 

美容師の面接でオススメの逆質問!



美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

動画を使った美容師求人サイト’CM&JOB’が運営しています。 文字だけでは伝えきれなかったサロンの雰囲気、働くスタッフの様子を映像で伝えています。 美'allでは、そんな就職・転職活動中の美容師さんたちに役立つ情報を配信しています。