美容師に人気の他業種転職先と美容師復帰の利点!

美容師として活躍後、もしくは美容師免許取得後すぐに、美容師ではない職種を 選ぶ方も増えてきています。

そこで今回は、どんな職業が美容師としての経験を生かせるか、人気の職業を紹介していきます。

また、美容師に復帰したい方に向けて、各職種の利点を紹介していきます!

他職種への転職を考えている美容師さん、美容師への復帰を考えている方、ぜひ参考にしてください。

 

美容師の転職先といえば「アイリスト」

 

f51e92c0b51fa14d930f30bef7f9821f_s

 

美容師の転職・転身先として人気の職業といえば、アイリスト。

美容師免許がないと働けない職業で、アイリストとして働くために美容師免許取得を目指す方も増えています。

手荒れなどやむを得ない理由で美容師を続けられない方にも人気の職業です。

 

 

*アイリストから美容師に復帰*

すでに美容師免許があり、ブランクがあったとしても美容師経験がある方は、美容師への復帰も難しくありません。

また、美容室でまつげメニューを導入する美容室も増えています。

就職先の美容室に、現在はまつげメニューがなくても、アイリストとしての経験があるあなたが在籍することで、メニューに追加される可能性も。美容室の新しいメニュー立ち上げに参加できるかもしれません。

 

美容師とアイリスト、両方のスキルを活かしながら活躍することも可能でしょう。

 

 

美容師のスキルを活かして転職なら「ヘアメイク」

 

e6f14b206d38a730e993acc6ef12dae0_s

 

美容師として活躍しながら、Wワークで働いている方もいるヘアメイクのお仕事。

ヘアメイク事務所やヘアメイク専門サロンで活躍できます。

ヘアメイクのお仕事はコテやピン、スタイリング技術だけでスタイルを作っていくので、カットや薬剤を使うカラーリング、パーマ等は行いませんが、美容師免許を持っていれば、ちょっとしたカットなどにも対応できます。

髪や頭髪のプロでもある美容師はそれだけでも、優遇されるでしょう。

 

*ヘアメイクから美容師に復帰*

ヘアメイクは美容室でも学ぶ技術ではありますが、専門で行っていた場合、美容室でも活躍が期待されます。

特にヘアメイクに力を入れているサロンでは即戦力として優遇されるかもしれません。

 

 

転身する職業として人気の「エステティシャン」

 

wellness-285587_1280

 

同じ美容業界ということもあり、エステティシャンへの転身も比較的人気なようです。

「人を綺麗にしてあげたい」「お客様が喜ぶ顔が見たい」など、目的も同じため、興味を持つ美容師さんも多いです。

エステサロンやリラクゼーションサロンでも最近ではヘットスパやヘッドマッサージのメニューも増えているので、美容師としての知識・経験を活かせます。

 

*エステティシャンから美容師に復帰*

接客力、カウンセリング力、営業力などエステティシャンとして身につけたことは美容師としても強みになります。

ヘッドスパやマッサージの技術や美容の知識も復帰後、そのまま活用できます。

 

 

ネイリスト

 

2f5cd781d28290573a81945a26c8e470_s

 

ネイリストも同じ美容業界として人気があります。

美容専門学校で学ぶ際に、ネイリストの技術を学べる学校もあり、美容師として活躍していてもすでにネイリストとしてのスキルがある方もいます。

学校で勉強していた美容師にとっては、とても挑戦しやすい職業かもしれません。

 

 

*ネイリストから美容師に復帰*

他の職種同様、美容室のメニュー次第でそのまま技術を活かすことができるかもしれません。

お客様との会話でもネイルの話題ができたり、お客様の印象に残りやすい点も有利です。

 

 

美容師の知識を活かして美容系営業職

 

picjumbo.com_IMG_5533

 

美容師としての技術を全く使わなくても、活躍できる職業もあります。

特に、美容関係の会社で、取引先が美容室である場合、営業職として活躍している元美容師さんも少なくありません。

美容師としての経験や知識、感覚をそのまま仕事に活かせる可能性が高いです。

お客様の気持ちや考えも理解しやすいため、美容師経験のないスタッフに比べ、強みになります。

 

*美容系営業職から美容師に復帰*

経験した分野で就職先のサロン運営に参加できるかもしれません。

ずっと美容師だったら経験できなかった仕事の経験は技術以外でも幅広く活かせるでしょう。

また、美容室のお客様と同じ職業経験があれば、話が弾むきっかけになります。

 

 

美容師と全く異なる職種への転職

 

office-336368_1280

 

美容系でない職業に転職される方もいます。

美容師の場合、免許があればいつでも働くことは可能です。

 

*全く異なる職種から美容師に復帰*

ブランクOKのサロンもとても多いので、一旦他の職業に転職後も美容師経験がある方は比較的復帰しやすいでしょう。

全く異なる職種であっても、技術面以外の接客面や成長の工夫などアピールできることがあります。

一から新しい事へ挑戦して得た経験を話してみてください。

 

 

いかがでしたでしょうか

一旦美容師の職業から離れたとしても、その分、他の知識や技術を取得することができます。

お客様の気持ちがわかったり、話の幅を広げることに繋げられます。

美容師に復帰する際には、他の職種での勤務期間をマイナスに考えずに、その経験をあなたの強みとしてアピールしてみてはいかがでしょうか。



美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

動画を使った美容師求人サイト’CM&JOB’が運営しています。 文字だけでは伝えきれなかったサロンの雰囲気、働くスタッフの様子を映像で伝えています。 美'allでは、そんな就職・転職活動中の美容師さんたちに役立つ情報を配信しています。