美容師が活躍している専門美容室

美容師の活躍の場は広く、職種、業界も選択枠が多くあります。 そんな美容師が活躍している環境を今回は専門性を持った美容室(カットサロン、カラー専門店、セットサロン、キッズサロン)に絞って紹介します。

自分の得意な技術、好きな技術に特化してスキルアップしていくことができます。

働く環境の面でもれぞれ特徴があり、あなたの希望に合わせた美容師のお仕事を見つけられるかもしれません。

 

カットサロン

5d149a9ea54e4c716a1739550fa3ffc9_s

 

パーマやカラーなどのメニューがなく、カットのみを専門で行っている美容室です。チェーン店、個人店があり、値段は1000円台が多いです。

シャンプー台や薬剤の保管場所が必要なく限られたスペースでも営業できるため、駅構内などでも見かけます。

老若男女問わずカットのみの需要は広がっていて、女性でも入りやすいおしゃれなサロンも増えています。

「前髪だけ少し切りたいけれど、前髪だけに通常のカット代を払いたくない。」などの需要にも応えられるよう、前髪カットだけのメニューがあるサロンも。

用途によってサロンを使い分けるお客様も増えているようです。

 

カットサロンの働く環境

水、薬剤を使わないので、美容師は手荒れの心配なく働けます。

技術面ではカットができれば、ブランクや経験年数は問わない求人が多いです。

短時間で施術を行う必要があるサロンでは、技術の正確さとスピードも求められます。

パートやアルバイトの募集も多いので主婦や子育て中の方の復帰にも向いているかもしれません。

 

 

 

カラー専門店

242bc9fe9e82f4a9d44dd8ac788ae0b5_s

 

カラーリングのみを専門的に行っているサロンです。

カラーサロンの需要はカットサロンと似ていて、老若男女、「伸びてしまった根元だけ染めたい」「カラーだけしたい」などの需要に応えています。

仕組みはサロンによって様々で、カウンセリングから施術、ブローまで美容師が行う場合や、最後のブローはお客様が自身で行う場合もあります。

料金も抑えられ施術時間も短いので、手軽に利用できるという利点の他にも、専門店だからこそのカラーの豊富さやカラー剤にこだわりを持っていることも人気の理由です。

カラーリストと呼ばれるカラーの知識に特化した美容師達なので、お客様からの信頼度も高いです。

 

カラー専門店の働く環境

施術はカラーとブローがメインのため、カット経験がない、またはカットが苦手という美容師でも活躍できます。

美容師にとっては手荒れが心配な点だと思いますが、カラー専門店だからこそ、一般のサロン以上に手荒れ対策に力を入れているサロンが多いです。

ブランクがあっても復帰しやすく、主婦や子供がいる美容師の活躍も目立ちます。日々の営業終了後の練習などがないので、残業もなく働きやすいようです。

 

 

セットサロン

d183bd6726664f3d78da86890ba5492d_s

 

ヘアセットやヘアメイクを専門に行うサロンです。結婚式やパーティ、イベント、仕事の前などで利用されていて、成人式や七五三、卒業式などの和装にも対応しているサロンもあります。

ヘアセットサロンは様々なタイプがあり、地域や客層によって営業時間も異なります。一般的なサロンと同じく昼間の営業、もしくは夕方から深夜まで営業しているサロンもあります。

 

セットサロンの働く環境

セットサロンでは、正社員、パート・アルバイトの他に業務委託でWワークで活躍する人も多いです。

雑誌などのメディアの仕事もあることもあり、活躍の場が幅広く、人気の職種です。

ヘアメイクの経験がなくても美容師としての経験があれば、活かすことができ、就職の際優遇もされます。

アシスタント、スタイリストと分けているサロンでは、作業を分担していることも。

ヘアセットサロンを利用するお客様はその後に予定があるので、時間内に仕上げるスピードと正確さが必要になります。

スキルをしっかり身に着けたい場合は正社員で、スキルアップの環境が整っているサロンを選ぶことをお勧めします。

お客様がどんなスタイルを希望しているのか理解する必要があるためコミュニケーション能力も必要です。

 

 

ヘアエクステ専門店

ヘアエクステを専門に取り扱っているサロンもあります。

エクステのみで、カラーリングやパーマ等のメニューはないサロンから、エクステ+カラーやカットも行なっているサロンもあります。

エクステのメニューは、種類や長さ、量などで構成されています。特にエクステの質にはどこのサロンもこだわっているようです。

店舗展開しているサロンも多いです。

 

ヘアエクステ専門店の働く環境

シャンプーやカラーリングのメニューがないヘアエクステ専門店の場合、手荒れの心配がなく、さらにスタイリストデビューも一般的なサロンに比べるととても早いです。

エクステとお客様の地毛を馴染ませたり、エクステのお手入れなとで、カット技術を活かせます。

一方、限られたメニューのみの場合、美容師としてのオールマイティなスキルアップには向いていません。

働く美容師は女性が中心。客層は比較的限られているため、自身もエクステが好きな方は、接客もしやすいかもしれません。

サロン内は、シャンプー台等はなく、鏡と椅子のみのお店が多いです。

 

 

キッズサロン

美容師と理容師の違い

 

子供のカットを行っている美容室です。小さな子供はカット中に動いてしまうなど、美容師側が慣れていないと危ないことがあります。

そのため一般的なサロンでは対応できない場合もあり、子供のカットに慣れている美容師に任せたいというお客様が多いようです。

対応している美容室には、キッズ専門のサロンと一般的な大人向けサロン内で子供の施術も行えるエリアを用意しているサロンがあります。

設備も子供用の椅子を用意するなど、子供にとっても美容師にとっても施術しやすい環境が整っています。

さらに、DVDを流して子供が他の事に集中できる環境作りや、子供が好きなもの、楽しめるものを沢山用意するなどの工夫があります。

 

キッズサロンの働く環境

キッズの施術を担当したい場合は、カット技術が必須なためスタイリスト以上の技術が必要です。

また、たとえ他のことに集中させていたとしても長時間動かないでいることは難しいので、スピードが求められます。

美容師としての経験やスキルを広げられる環境と言えます。

さらに、スタイルは親と決めるので、コミュニケーション力も一段と求められます。

大人の施術の何倍も気をつける事が多い子供の施術ですが、長く担当できると成長を見られるという楽しみもあり、子供が好きな美容師に人気です。子供ならではの素直な反応もやりがいのようです。

また、お客様は家族で利用している場合もあり、お客様との距離も近い環境と言えます。



美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

動画を使った美容師求人サイト’CM&JOB’が運営しています。 文字だけでは伝えきれなかったサロンの雰囲気、働くスタッフの様子を映像で伝えています。 美'allでは、そんな就職・転職活動中の美容師さんたちに役立つ情報を配信しています。