美容師の面接で聞かれる定番の質問

面接について、何から準備したら良いのか分からない、 と言う方に向けて、今回は美容師の面接でよく聞かれる定番の質問をまとめてみました。

ギリギリになって焦らないためにも、面接の準備は転職活動中、できる限り早めに準備しておきましょう!まずこちらのページを参考にしてみてください。

 

なぜ前職(全サロン)を辞めようと思ったのですか?

新卒の場合は聞かれることはありませんが、転職の場合は必ず聞かれる質問です。 この質問で気をつけることは、マイナスな内容にならないようにすることです。

「残業が多かったから」「給料が少なかったから」「人間関係が悪かったから」など、ネガティブな内容は避けた方がいいでしょう。

面接官は、面接の内容であなたがそのサロンに入って働く姿を想像します。ネガティブな発言は、あなたがこのサロンでも同じことを言うのでは、と言う印象を与えかねません。

前向き、ポジティブな意見など、成長意欲を感じられる方が好まれます。 例え不満なことがあって退職していたとしても、そのまま伝えるのではなく、ポジティブな面から捉えて伝えましょう。

美容師のみなさん、面接で話す内容は事前に準備しましょう!

 

 

このサロンを選んだ理由は?

志望動機に当たるこの質問は、新卒・中途共に聞かれます。

志望動機は応募時にもすでに書いているかと思いますので、その内容を元に詳細を話すようにしましょう。WEB上の応募メッセージや履歴書に書いた内容とかけ離れた内容を話してしまうと、面接官に疑問を持たせてしまいますので気をつけましょう。面接に行く前には、提出済みの書類やメッセージは再度見直してから挑みましょう。

志望動機のポイントは、そのサロンに合った内容を伝えることです。ほとんどのサロンでも当てはまるような動機だけだと印象に残りづらいでしょう。

ここでも、内容はポジティブになるように意識しましょう。

 

美容室の面接でNGな志望動機とは?

 

どんな美容師になりたいですか?

将来、どんな美容師、スタイリストを目指しているのかと言う質問は、目標を持っているか、目標に向けて頑張れるか、なども判断される質問です。

特に中途の方は、アシスタント・スタイリスト問わず、将来の目標は何かしらあると思います。

アシスタントの方にとっては、はっきりとした将来像は、大変なアシスタント時代を乗り越える力にもなります。

 

一方、新卒の方にとっては、特に事前に準備しておくべき質問です。

ざっくりとした回答よりも具体的に答えられた方が良いのでしっかり準備しておきましょう。

これから美容師として活躍していく皆さんにとっても、目標を明確にしておくと、その後の美容師生活も有意義なものになります。面接の準備を機会に、一度真剣に考えておきましょう。

 

 

得意な技術や力を入れたい技術は?

どんな技術に力を入れたいか、どんな技術に強い美容師を目指したいか、など美容師ならではの質問も聞かれる可能性があります。

この質問は、あなたが目標をしっかり持っているかどうかが分かる質問であると同時に、そのサロンとあなたが合っているかどうかの判断材料にもなります。

得意な技術や人気のメニューがある美容室も少なくありませんので、あなたがスキルアップしたい技術とそのサロンが得意な技術が一致しているなら、PRにもなります。この点は、求人を探す段階から意識しておきましょう。

 

 

あなたの長所・短所はそれぞれ何ですか?

こちらは美容師に限らず、聞かれる可能性の高い質問です。

美容師としての技術面などに限った内容にする必要はありませんが、長所からサロンワークに活かせることのPRに繋げたり、短所は今後の課題に繋げたりと、工夫することで、美容師としてのPRにも繋げられます。

長所・短所の話のポイントは、具体的なストーリーを織り交ぜることです。

転職の場合は、長所・短所それぞれに、前職での経験を合わせて話します。新卒の場合は学生生活でのことでOKです。

気をつける点は、短所。あまりにも仕事に支障が出るような内容や美容師として支障が出る内容は避けましょう。「短所はありません。」の回答もNGです。’完璧な人間’ではなく、’自己分析ができていない人間’と捉えられかねません。

 

 

番外編:可能な勤務日数・時間は?

正社員の場合、出勤日数や勤務時間は決まっていますが、パート・アルバイト勤務、業務委託勤務などの場合、勤務日数(曜日)や時間について聞かれるでしょう。

募集要項通りに勤務できることが理想ですが、調節が必要な場合は、調節が可能かどうか聞いてみましょう。

すぐに答えられるように、自分のライフスタイルを考えて準備しておきましょう。

 

 

いかがでしたでしょうか。

面接で聞かれる定番の質問をまとめてみました。

全体を通したポイントは、どの質問であっても一貫性を持たせることです。質問によって答えの内容がコロコロ変わってしまっては、面接官があなたのことを理解しきれません。

そのためにも、希望や将来の目標を自分ではっきりさせておくことが大切でしょう。そのことを軸に、全ての質問に答えると、面接官にも伝わりやすいでしょう。

 

美容師の面接で大切な’印象’を良くするポイントとは?



美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

動画を使った美容師求人サイト’CM&JOB’が運営しています。 文字だけでは伝えきれなかったサロンの雰囲気、働くスタッフの様子を映像で伝えています。 美'allでは、そんな就職・転職活動中の美容師さんたちに役立つ情報を配信しています。