美容室のレセプション(受付)の仕事内容とは?

今回は美容室の顔とも言えるレセプション、フロントスタッフについて 紹介します。

美容室のレセプションのお仕事を探している方、レセプションはどんな仕事か知りたい方、美容師を目指している美容学生さん必見です!

 

美容室・美容院のレセプション求人(東京)はこちら

 

レセプションの仕事内容は?

レセプションのお仕事は、美容師のアシスタントが兼務していることが多いですが、専任のレセプショニストがいる美容室も増えてきています。

特に大型美容室では、店舗ごとに専任のレセプションが何人かいることがあります。

レセプションは美容室のスタッフですが、国家資格を持っていなくても働けます。

誰でも目指せる仕事といえますが、華やかなイメージもあり人気の職種です。

美容師を目指している美容学生や、元美容師など、美容の知識がある人は有利でしょう。

もちろん、美容関係の経験がなくても、接客業などの経験が活かせるお仕事です。

では、具体的なお仕事の内容を見てみましょう。

 

電話対応

phone-499991_640

 

美容室の予約方法は、近年WEB予約も増えていますが、お電話も多いです。

予約電話は、お客様と美容室の最初のコンタクトになる可能性が高いので、ここでの印象が’美容室の印象’に直結します。

歓迎の気持ちを声のトーンからも伝えられるよう、明るく丁寧に対応しましょう。

また、電話予約の際に、メニューの内容について質問されることもあります。

お店についての知識はもちろん、ある程度の美容知識も身につけておくとお客様からの信頼度も上がるでしょう。

 

お客様のお出迎え・ご案内

3d5abad0fb389528e651cf5fa75bc39e_s

 

美容室で、お客様を最初にお迎えするのもレセプションです。

電話での対応同様、お出迎えの印象が美容室の印象に繋がる可能性があります。

ご来店されたお客様を笑顔でお出迎えするのはもちろんのこと、丁寧なおもてなしが重要です。

初めてご来店されるお客様は特に、不安だったり緊張されているので、安心感も与えられると良いです。

美容室の顔として存分に活躍してください♪

 

お荷物お預かり

9f59565cb9fcf6f8559682b15cf5d1c9_s

 

お出迎え後、お名前やメンバーズカード等をご提示頂いた後、荷物やコート等をお預かりします。

ここで重要なのが他のお客様と取り違えが起きてしまぬ様に、タグ付け等を慎重に行います。

施術でいくら満足して頂いても、ここで間違えてしまうと、信頼感をなくしてしまいます。

たとえ忙しくとも、お預かり品は丁重に扱いましょう。

 

席へのご案内

7f9b46e0e09f0f9cd3049d2586e72d84_s

 

ご案内する際には、スタイリストとの連携が必要です。

朝礼などで、その日の予約スケジュールを相互で確認し、前もって準備しておきます。

急な予約の時は、その都度担当スタイリストと情報共有が大切です。

時にはスケジュール通り行かず、お客様をお待たせしてしまう時もあるかもしれません。

そんな時はお客様への謝罪と、お客様のスケジュールを聞き、それをスタイリストに伝えるなどの臨機応変さも必要です。

席へのご案内後は、雑誌やブランケットを用意し、ウェルカムドリンクのご要望をお聞きしご用意します。

 

お見送り・お会計

a16ca61d6d080ba35af3cebf01affca0_s

 

施術が終了したら、最初にお預かりした貴重品やお持ち物をお返しして、お会計です。

コート等は羽織りやすく補助して差し上げます。

お会計の際には、行った施術内容の確認とクーポンの確認を徹底します。

特にクーポンは、ホームページ・集客サイト・チラシ等、同じメニューであっても料金が異なる場合があるので注意が必要です。

また、お会計の合間などに、施術の仕上がり具合や、満足度などお声掛けできると、お客様とのコミュニケーションや今後のサービス向上にもつながります。

担当したスタイリストには言い難いけれど、レセプションには言える本音を聞けることもあります。

こうしたレセプションでのコミュニケーションで、次回予約も聞きやすくなるでしょう。

そしてお帰りの際は、どんなに忙しくても一人一人丁寧にお見送りしましょう。

 

予約管理・ネット予約管理

picjumbo.com_IMG_5533

 

予約の管理は、店舗ごとに紙面で行ったり、POSレジやインターネット上で管理します。

ある程度のPCスキルが求められるでしょう。

また、予約管理はメニューやスタッフのスキル、シフトを考慮する必要があり、コツを掴むまで難しいと言われています。

例えば、同じスタイリストでカット+カラーなら同時に2人まで大丈夫だったり、カットのみは30分ずらさないと同時に出来ないなど、ここでもスタイリストとの連携が重要になってきます。

予約は美容室の経営にも直結する大切な要素です。その分、やりがいも大きいでしょう。

こういった面でも、レセプションは美容室にとってもとても大きな存在と言えます。

 

 

美容室のレセプションには、こんな特典も!

美容の仕事ですので、服装や髪型、ネイルはお店のイメージを考慮する必要はありますが、厳しい規定はありません。

もちろん、制服があるサロンもありますが、オシャレ好きな人にはとても魅力的なお仕事です。

また、ヘアスタイルなどは、カットモデルとして安くスタイリストに施術してもらえたり、美容室専売シャンプーなどを社員価格で購入できる特典も◎

 

 

レセプションに求められること

レセプションとは美容室の顔であり、受付や事務作業だけでなく施術以外のサービスをすべて担う存在です。

美容師と同じように、専門職と言えるでしょう。

お客様は10人いれば10の個性、悩みがあります。

お客様とコミュニケーションを取り、今何を求めているかを感じ、様々な角度からニーズを聞き出す事も仕事です。

時には美容師たちと一緒に解決に導くこともあります。

仕事の幅がとても広く、沢山のスキルや臨機応変さも求められますが、その分やりがいも感じられる仕事です。

 

 

レセプションコンテスト

様々な団体が主催し、美容室のレセプションを対象としたコンテストが開催されています。

【コンテストの内容】

  • 電話対応
  • お客様対応
  • 接客マナー
  • 会計方法
  • 店販商品の提案力

など様々な項目で審査されます。

参加することで準備や練習を重ねてモチベーションを向上させたり、賞を狙うことで目標を持てたりと、実際の仕事に直接活きてくる経験ができるでしょう。

いかがでしたでしょうか。

美容室のレセプションのお仕事は学べる事、経験出来ることが沢山あります。

レセプションや美容のお仕事に興味のある方、挑戦してみてはいかがでしょうか!

 

レセプションを募集している美容室(東京)はこちら



美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

動画を使った美容師求人サイト’CM&JOB’が運営しています。 文字だけでは伝えきれなかったサロンの雰囲気、働くスタッフの様子を映像で伝えています。 美'allでは、そんな就職・転職活動中の美容師さんたちに役立つ情報を配信しています。