理容師ってどんな仕事?理容師になる方法から活躍の場所まで紹介!

近年、美容室は増えいるけれど理容室が減ってきている、 と感じている方も多いと思います。

しかし理容師のお仕事は理容室以外にも広がっており、活躍の場が増えています。

美容師免許、理容師免許がそれぞれあるように、理容師でないとできないお仕事があるためです。

そこで今回は、理容師にスポットライトを当てて、紹介していきます。

これから理容師を目指す方、または就活中の理容師さん、ぜひ参考にしてください。

 

 

理容師になるには

理容師として働くには、美容師同様、国家資格が必要です。

理容師の場合は、理容師国家試験に合格する必要があります。

理容師国家試験を受験するためには、厚生労働大臣が指定する理容師養成施設(専門学校)を卒業する必要があります。

 

理容師国家試験を受験するには

国家試験受験に必要な過程も美容師と同様の流れになります。

専門学校への入学は、高校卒業、高校卒業見込みなどが条件になっていることが多いです。

卒業までの期間は、2年間。通信課程では3年間になります。 理容師のみの学校もあれば、美容科と理容科、両方ある学校もあります。もちろん昼間、夜間もあります。

専門学校の選び方のポイントについては、美容師の内容ですが、こちらで詳しく書いています。

 

美容師を目指している方へ。美容専門学校を選ぶポイントを紹介!

 

理容科でも、大切なポイントは同じですので、これから専門学校を探す方は参考にしてください。

 

 

理容師の仕事とは

一般の方にとって、美容師と理容師の違いは「美容室にいるのが美容師、床屋にいるのが理容師」というイメージが大半ではないでしょうか。

実はこの2職種の職域は法律によってしっかり区別されています。

美容師と理容師の違いはこちらでまとめています。

 

意外と知らない「理容師と美容師の違い」とは?

 

理容師のお仕事は「容姿を整えること」です。

基本的に理容師の施術はカットです。容姿を’整える’ことがお仕事ですので、パーマやカラーリングやメイクなど、容姿を美しくするための施術は行いません。

ハサミを使って、カット技術のみで頭髪を整えていきます。

また、理容師はカミソリの使用も許可されているので、顔剃りやシェービングの施術もできます。

 

 

理容師の活躍の場所は?

それでは、理容師が活躍している場所を具体的に紹介します。

勤務先を選ぶ際の参考になると思います!

 

理容室

街の中はもちろん、ショッピングモール、商業施設内など様々な場所にあります。

おしゃれな内装や、サービス面に凝った理容室も現れてきています。

「どのサロンも同じ」と思わずに、雰囲気やそこで働いている先輩たちの雰囲気も見てみてはいかがでしょうか。

 

トータルビューティサロン/エステサロン/ブライダルサロン

 

bride-hairstyle-wedding-hair-the-adoption-of

こうして見ると、美容系のサロンも理容師の職場として多いことがわかります。

エステサロンやブライダルサロンでは、シェービングを担当します。

こういったサロンはお客様が女性のため、女性理容師の需要がとても高いです。女性理容師の転職先として人気の分野です。

パート勤務も用意していたり、女性が働きやすい環境を作っているようです。

シェービングサロンなどは、未経験も歓迎していることもあり、新卒から理容室以外で理容師として活躍することも可能です。

 

訪問理美容

高齢者福祉施設や病院へ理容師が出向いて、施術する形式です。

外出が難しい方たちにもサービスを受けられるので、とても喜んでくれます。

理容技術以外にも、高齢者や障害者とのコミュニケーション方法など、プラスで学ぶべき事も多いですが、やりがいが大きいお仕事です

訪問理美容は、パートやアルバイト、Wワークで働く方も多いようです。

 

今後も理容師の職場として新たな分野が出てくるかもしれません。

理容室が減っていて、なかなか良いサロンに巡り合わない、と言う方は、少し視野を広げてみることもお勧めします!

 

 

給与はどのくらい?

 

Piggy-bank-free-license-CC0-980x640

 

理容師の場合も美容師同様、アシスタント、スタイリストで給与が変わります。

基本給与はだいたい美容師と同じくらいと考えて良いかもしれません。

トータルビューティサロンなどの場合は、美容師と同じ給与です。

求人情報から平均の給与を出してみると、アシスタントは18万円前後、スタイリストは23万円前後になります。

あくまでも、求人情報に記載されている給与なので、経験や技術によっては、これより高い給与でスタートできるサロンもあるでしょう。

特に条件面などは、サロンのタイプや規模によっても異なるので、しっかり確認しましょう。

 

いかがでしたでしょうか。 理容師に対するイメージが少し変わったのではないでしょうか。

理容室も美容室と同様、条件などだけで決めずに、そのサロンで自分が働くことがイメージできるかなどもしっかり確認しましょう。



美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

動画を使った美容師求人サイト’CM&JOB’が運営しています。 文字だけでは伝えきれなかったサロンの雰囲気、働くスタッフの様子を映像で伝えています。 美'allでは、そんな就職・転職活動中の美容師さんたちに役立つ情報を配信しています。