美容室のサロン見学で気をつけたいポイント!

美容師のみなさんが就職・転職活動の際に、サロン見学をする方も多いでしょう 。
今回は、そのサロン見学時に多い悩みについてまとめてみました。

サロン見学は面接までカッチリしていませんが、選考過程の一つと考えておいた方が良いでしょう。
サロン見学の経験が少ない美容学生さんやアシスタントさんにとって、不安が沢山あると思います。

面接のように身構える必要はありませんが、事前準備はしっかりしておいて下さい!

 

見学の予約をする時のポイント

サロン見学に申し込む際は、一般的には2つの方法があります。
1つが求人サイトもしくはサロンホームページなどウェブ申し込み、もう1つが電話での申し込みです。

ウェブ上から申し込みをする場合は何時でも大丈夫ですが、直接電話をかける際には、時間帯に気をつけ、お店が忙しい時間帯などは避けましょう。

電話では、サロン見学希望の旨、自分の名前(学生であれば学校名も)、何の情報で知ったか、志望動機などを伝えます。
営業時間中で忙しい可能性があるので、まずは簡潔に伝えてください。

例)
「〇〇と申します。
CM&JOBで御社の求人情報を拝見しました。
スタッフの個性を大切にしている様子を動画で見て興味を持ちました。
ぜひサロン見学をさせていただけませんでしょうか?」

サロン見学の日時や採用担当者の名前、サロンの場所はしっかり確認しましょう。
営業時間中に対応していただいたことへの感謝も忘れずに!

最近では、InstagramなどのSNSでサロン見学を募っている美容室さんもあります。
Instagramなどでサロン見学の申し込みをする際にも上記の電話での申し込みと同じよう、自己紹介と志望動機、サロン見学に申し込みたい旨を伝えると良いでしょう。

 

サロン見学当日の服装

サロン見学の日時や採用担当者の名前、サロンの場所はしっかり確認しましょう。
営業時間中に対応していただいたことへの感謝も忘れずに!

最近では、InstagramなどのSNSでサロン見学を募っている美容室さんもあります。
Instagramなどでサロン見学の申し込みをする際にも上記の電話での申し込みと同じよう、自己紹介と志望動機、サロン見学に申し込みたい旨を伝えると良いでしょう。

 

 

服装にどうしても迷ったら

カジュアル過ぎず、清潔感のある服装を選びましょう。
ジーンズや派手なアクセサリーや髪型も避ておいた方が無難です。

サロン見学での印象も選考に影響すると考えておいたほうが良いです。
そして、サロン見学で、実際働いているスタッフたちの服装を確認してみましょう。
次の面接時の服装の参考になります。

 

質問内容

サロン見学時にどんな質問をすればいいか、悩んでいる方が意外と多いようです。
結論から言うと「この質問をすべき!」という答えはありません。

  • どうしてサロン見学に行きたいのか
  • どんなサロンで働きたくて就職活動を行っているのか

など、就職活動の目的をもう一度考えることで、質問内容は決まってくるでしょう。

また、サロン見学に行くことの目的は、実際の美容室の雰囲気を見ることだと思います。
「どんなスタッフさんが働いているのか」「どんなお客様が多いのか」などをみ見ることで面接申し込みの判断ができると思います。

自分が働きたい雰囲気のサロンかを確かめる機会ですので、必ずしも質問をしなければいけないと言うことはありません。
緊張せず、しっかりと見ることが大切です。

 

事前に準備を

サロン見学の場合、時間が限られていることもあるようです。
短いと10分ほどで終わってしまうことも。

沢山の質問をしたい場合、時間が限られると聞きたいことを聞けずに終わってしまうことも。
ホームページを見れば分かるような質問ももったいなく、相手にも良い印象を与えません。

そのサロンに沿った具体的な内容の質問ができるよう、ある程度事前に下調べをしておきましょう。
また、いくつかの美容室をサロン見学をして比べたい場合は、同じ質問をしてみるとわかりやすいです。

 

サロン見学だからこそ

面接の日だと、話せる相手、質問できる相手が面接担当者のみの可能性が高いですが、サロン見学では実際に働いている先輩スタッフと話せるチャンスがあるかもしれません。

一日の仕事の流れや、どのくらいでデビューしたかなど、あなたが聞きたいことを具体的に聞いてみましょう!
ウェブに載っているような例ではなく、実際の内容を聞けます。

お客様の状況などによっても変わってくると思うので、チャンスを無駄にしないためにも、事前に準備できることはしておきましょう。

 

サロン見学当日のポイント!

  • 当日は入店の時点から笑顔を意識しましょう!あなたも見られています。
  • 担当者だけでなく、他のスタッフにも挨拶してみてください。
    あなたの好印象にも繋がる上、スタッフの対応でサロンの雰囲気もわかるでしょう。
  • メモ帳、筆記用具を持っていきましょう。
    説明してもらっている間、ただ聞いているだけでは、意欲がないと思われてしまいます。
  • 見学中は、サロンの事だけでなく、スタッフ同士の様子や会話を聞いてみると、サロンの雰囲気、人間関係などが分かるかもしれません。
  • 自分が実際働いているイメージをしながら見学をすると、確認するポイントや質問するべきこともわかります。

見学が終わったら

就職活動中はいくつかの美容室にサロン見学に行くと思います。
あとで混乱しないように、その日に感じたことや気づいたことをまとめておきましょう!

 

気をつけること

  • サロン見学は時間が限られている場合もあります。
    最大限有効に使いましょう!
  • 割引き価格でお客様として利用してもらう形式でサロン見学を行っている美容室もあります。
    見学方法に合わせた準備をしましょう。
  • 営業時間中の場合、お客様がいらっしゃる中でのサロン見学です。
    失礼のないようにサロンの人の指示に従いましょう。
  • 絶対に遅刻しない。
    面接時はもちろん、サロン見学も遅刻は厳禁です。
    遅れるとその日の見学ができなくなる可能性も。
    悪い印象を与えるだけでなく、お店側への迷惑がかかってしまいます。
    移動時間は余裕を持って行動しましょう。
    万が一遅刻してしまいそうな場合は、事前に必ず連絡をしてください。
  • いつでも連絡できるようにサロンの番号は手元に控えておきましょう。

 

美容師の面接で大切な’印象’を良くするポイントとは?

まとめ

いかがでしたでしょうか?
サロン見学は、就職活動を行っているみなさんにはもちろん、美容室側にとっても大きな意味を持ったことです。

あなたにぴったりの美容室と巡り会えるよう、有意義なサロン見学にしてください!

CM&JOB』 では、求人に関することを気軽に質問して頂けるようLINEの公式アカウントをご用意しています♪
「探している条件に合ったサロンが見つからない…」
「オススメサロンを教えて欲しい!」
など、なんでもお気軽にお問い合わせください♪



美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

動画を使った美容師求人サイト【CM&JOB▶︎(シーエムアンドジョブ)】が運営しています♪
文字だけでは伝えきれなかったサロンの雰囲気、働くスタッフの様子を映像で伝えています。
プレスでは、そんな就職・転職活動中の美容師さんたちに役立つ情報を配信しています。