ブランクから復帰したい美容師さんが就活で気をつけること!

ブランクから復帰したい美容師さんに向けて、 サロン探しで気をつけるべき点をまとめてみました。

一度美容師の職を離れたことがあるからこそ、後悔のない就職活動ができるように参考にしてみてください!

 

 

 

今の希望からサロン探しをする

復帰する時のサロン選びは、まずは自分の希望の明確化からです。

なぜ復帰したいのか

なぜ復帰しようと思ったのか、明確にしておきましょう。面接の際のPRにもなります。

美容師として復帰したいのか、美容師免許を活かすために復帰したいのか、と復帰の理由によっては、美容師以外の職も選択枠になるかもしれません。

 

技術面に問題はないか

辞める前のランクがスタイリストの場合、全て覚えているかどうか、また、アシスタントだった場合はどの技術まで合格していたのか、合格していた技術までは今でも問題なくできそかどうか自分で確認しましょう。

技術面が不安な場合は、’即戦力募集’のサロンではなく、スタイリストでも技術サポートがあるサロンを選ぶ方が安心です。

技術に関しては、実際やってみないと分かりづらいですが、頭の中でイメージして手順を忘れている箇所がないかどうか自分で判断しましょう。

 

勤務形態の希望

フルタイムで復帰したいのか、他の仕事とWワークで働きたいのか、パート・アルバイト勤務希望か、どんな働き方で復帰したいか、自分のライフスタイルを踏まえて考えましょう。

パート勤務であっても技術サポートを行っているサロンも増えています。自分の希望の働き方ができるサロンを探しましょう。

 

ランク

スタイリストだった方の場合、スタイリストとして復帰したいのか、アシスタントとして復帰したいのかでも、探すサロンが異なってきます。

さらに、スキルアップ次第でスタイリストを目指したいのか、それともずっとアシスタント業務をしたいのか、という選択枠もあります。

最近ではスタイリストを目指さず、アシスタント業を専門に行うことができるサロンもあるため、みなさんの希望によって働き方を選べます。

 

ブランクがある場合、希望を明確にする際は、不安に思っている事を特に明確にしておきましょう。

技術面なのか、働き方なのか、復帰する際にここだけは譲れないという点を挙げておき、それに合わせてサロンを選びましょう。

 

 

辞めてしまった理由からサロン探しをする

前回の退職理由からサロンを探す方法もあります。

 

手荒れや腰痛などが理由の場合

手荒れがひどく仕事を続けられなかった場合、手荒れ問題に力を入れているサロンを探しましょう。もしくはアイリストの職も選択枠に入れても良いかもしれません。

腰痛などもそうですが、美容師の職業病に関しては悩んでいる方も多く、そのため、対策に力を入れているサロンも多いです。

薬剤に関してはオーガニックや刺激の弱いものも増えているので薬剤にこだわっているようなサロンも良いかもしれません。面接時に相談してみましょう。

 

体調不良が理由の場合

アシスタント時代に辞めてしまっている方は、練習による連日の深夜帰宅や早朝出勤が原因で体調を崩してしまった方もいるかと思います。

その場合は、練習方法や練習時間が明記されているサロンを選びましょう。

練習時間を決めて短時間で行なっているサロンもあります。練習内容は濃くないなりますが、時間的な余裕はできるでしょう。

 

人間関係が理由の場合

この理由での離職も多いかもしれません。この場合は一番慎重にサロン選びを行いましょう。

お客さんとしてサロンを利用してみたり、サロン見学や体験入店が可能であれば積極的に参加し、サロン内、スタッフ同士の雰囲気を知りましょう。

 

出産・子育て後の復帰の場合

出産・子育てが理由でブランクがある場合は「子育てママ支援」や「ママ美容師の復帰を応援」などの記述があるサロンもおすすめです。

お子様がいる場合、以前と同じ働き方は難しくなると思いますし、周りからのサポートも大切になるでしょう。

その点、子育てママが実際に働いていたり、産休取得事例があるサロンは、サポート体制が整っていたり、協力的な雰囲気を期待できます。

子育てと美容師、両立して活躍するにはどんなサロンが良い?

 

求人を探すポイントは’ブランクOK’があるかどうか

求人情報に「ブランクOK」の記述があるサロンの方が安心でしょう。

技術面のサポートの有無について記述があれば尚安心です.。アシスタントの場合はカリキュラムを進める形になりますが、スタイリストの場合、自ら申し出て技術面の指導をお願いする必要がありますので、サポート体制の確認は事前にしましょう。

ブランクが短く、即戦力として活躍できそうでしたら、この部分はあまり問題ではないでしょう。

 

 

同じ退職を繰り返さないために

応募する際は、もう一度美容師として挑戦したい気持ちをしっかり伝えましょう。

また、一方的に自分の希望だけを伝えるのではなく、どうしてそのサロンを選んだのか、どう貢献していこうと思っているのかを伝える事などは新卒の際の就活と同じです。

 

ブランクがある場合、前回の離職理由は次の職場探しのキーワードになります。

あなたにとって、長く活躍できるサロン探しにも重要なポイントになるかもしれません。

ブランクからの就職活動は、前回職を離れてしまった理由と復帰したい理由をしっかり頭に入れながら行いましょう。



美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

動画を使った美容師求人サイト’CM&JOB’が運営しています。 文字だけでは伝えきれなかったサロンの雰囲気、働くスタッフの様子を映像で伝えています。 美'allでは、そんな就職・転職活動中の美容師さんたちに役立つ情報を配信しています。