ネイリストがお客様との会話を楽しむためのネタ紹介!

ネイリストや美容師など、施術中、お客様と会話する場合、 何を話したら良いか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

特に、お客様と向き合って1対1で施術を行うネイリストの場合、何かしら会話がないと不自然な空間になりやすいです。お客様も手元がふさがっている状態ですので、会話は必要になるでしょう。

そこで今回は、ネイリストさんに向けて、お客様との会話が楽しくなるように、話のネタの参考になるものをまとめてみました。

 

お客様との会話の重要性

お客様にとってネイリストとの相性は大切です。センスが合うかどうか、イメージが伝わるかどうかなど、ネイルの仕上がりにも関わる重要な点です。

そのため、会話の中で、お客様の好みや普段の生活面を知り、そのお客様に最適なデザインの提案に繋げることもネイリストの大切なスキルです。

お客様と上手くコミュニケーションが取れれば、お客様が希望されているデザインや雰囲気も理解しやすくなるでしょう。

 

 

カウンセリング

まずは、その日お客様がオーダーされるネイルについてです。

すでにデザインを決めて来店されている方には、その写真とお客様の爪の状態を見せてもらいながらお話しします。

デザインを決めていないお客様には、チップや色見本を渡してイメージしてもらいます。

デザインが決まったら、オフや爪の形を整えながら、お話スタートです。 初めてのお客様の場合、今までどんなデザインをしてきたのか分からないため、最初は持ってきていただいたデザインの画像頼りになります。

オフからの場合は、直前のデザインを見ることができるので、そこからデザインの好みの話題に広げることもできます。

似たようなデザインのオーダーだった場合、「〇〇のデザインをよくやられているんですか?」などの質問をして見たり、色合いが同じような場合も色味の好みを聞くことができます。

自分も好きなデザインや色と同じ場合、ここで好みが同じであることを伝えることもできるでしょう。お客様側もイメージが伝わりやすいと安心します。

 

 

お客様についての話

施術中、必ず話題に出てくるであろう、お客様についての話です。お客様から話をスタートしていただければ、そこに合わせて進めることができますが、ネイリストから話す必要のある場合は、今後のデザイン提案の参考にもなるような内容を聞いてみましょう。

 

仕事について

お客様のお仕事を知っておくと、これもデザインの提案に役に立ちます。

接客業なのか、オフィスワークなのか、お客様と接する職業なのか、手元をよく使う職業なのか、など、お客様の生活に合わせたデザインの提案は、お客様にとってとても印象に残り、信頼につなげられます。

また、’職場で派手なネイルは禁止されている’という方もいます。

それぞれの事情や職種に合わせた提案ができるとリピートにも繋がりやすいでしょう。

お仕事帰りの時間帯の場合、近くで働いている可能性もあるので、美味しいお店の情報交換やそのエリアの情報交換など、話を広げられるかもしれません。

 

この後の予定

美容室では最後のセットを決めるために聞かれますが、ネイルサロンでも話題の一つにできます。

仕上げのオイルの付け方を決めるために聞く方も多いかと思いますが、ネイルサロンは3、4週間に1度くらいのペースで通う方が多いため、次回の話題のネタにすることもできます。

次回来店いただいた時に、前回伺った’予定’の感想を聞いてみるのも良いかもしれません。

 

休日の過ごし方や趣味の話

こちらも上記同様、次回のネタにもなります。趣味や定期的に行なっている過ごし方はもちろん、季節ごとのイベントや長期休暇、旅行などの予定を聞けると、話を膨らませやすいでしょう。

趣味やスポーツなどの話を聞ければ、次回からも話題にしやすいです。

 

自分の話

お客様に質問をしてもあまり答えが返って来ない場合は、自分の話をしてみて、そこから広げていく方法もありだと思います。

例えば、前回のお休みの日に出かけた場所の話や、趣味の話、近くの美味しいレストラン、地方出身の方は地元の話などです。

最初から最後まで自分の話をしてしまうと、お客様が困惑する可能性が高いですので、しっかりキャッチボールをしながら、お客様の話に移行できると良いでしょう。 共通の話題を見つけられたらラッキーです。

 

 

一般的な話題

初めてのお客様でネイリストさんもまだ慣れていない場合は、相手を問わずできる会話ネタから始めてみましょう。

 

天気

初めてのお客様で、何を話していいのか、全くわからないときは、まずは天気の話です。

「今日は外は暑いですか?」や「雨降っていませんでしたか?」など季節やその時の天気を踏まえて、ご来店いただいたお客様を気遣うこともできます。

そのまま季節に合わせた話題を広げるのもいいでしょう。

 

時事ネタ

テレビなどで話題になっていることやスポットについての話題です。普段テレビを見たり雑誌を見たりしていれば、得られる情報ですので、ネイリストさんにとっても気軽です。そのニュースについて詳しい必要はありません。お客様と会話することが目的ですので、お客様の年齢や興味関心に合わせた話題を振れるように、詳細よりも広く色々なニュースを知っておくと良いかもしれません。

 

 

注意点

ネイリストは他の美容サロンに比べて、お客様とのコミュニケーション、会話が必ずと言って良い程必要になる職種です。

お客様からお話してくれる場合は、無理に自分で話そうとせずに、聞き役に徹することも大切です。

また、どうしても会話が続きにくかったり、お客様があまり話をしたくない様子でしたら、無理に会話を続ける必要もありません。ネイルのデザインなどの話に徹しても良いでしょう。

施術に集中しながら会話も進めるのは、慣れるまで難しい技術です。また、ネイルサロンは特にお客様と向き合っていることもあり、ネイリスト側の緊張がお客様に伝わってしまう可能性もあります。デビューしたてのネイリストさんは、可能ならば先輩ネイリストのアシスタントとして一緒に施術に入らせてもらうなどして、慣れていった方が良いかもしれません。

お客様にとっては、デビューしたてでも、ネイリストはネイリスト。ベテランネイリストと同様のサービスを求められます。

まずは技術にしっかりと自信を付けることも、お客様との会話を楽しむポイントかもしれません。



美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

動画を使った美容師求人サイト’CM&JOB’が運営しています。 文字だけでは伝えきれなかったサロンの雰囲気、働くスタッフの様子を映像で伝えています。 美'allでは、そんな就職・転職活動中の美容師さんたちに役立つ情報を配信しています。