意外と知らない「理容師と美容師の違い」とは?

美容師と理容師の違い

みなさん、美容師と理容師の違いはご存知でしょうか?

両方共、 髪の毛を切ったり、シャンプーをしたりする美容のお仕事、理容室は男性客が多く利用する、といったイメージの方が多いかと思います。

意外とはっきりとした違いを知っている人は少ないようです。

そこで今回は、美容師と理容師のお仕事内容を比べて、その違いを探っていきます!

 

 

 

法律で区別されています!

男性向けが理容室、女性向けが美容室というイメージが強いですが、最近では理容室に女性向けの顔剃りメニューがあったり、男性が美容室を利用することが増えていたりと、実際の両者の垣根は低くなっています。

しかし実はこの2職種、それぞれの国家資格があり、業務範囲は法律により理容師法・美容師法で区別されています。

 

美容師法

美容師の仕事は【パーマネントウエーブ、結髪、化粧などの方法により、容姿を美しくすること】

「美容師法」に定義されています。

 

理容師法

理容師の仕事は、【頭髪の刈り込み、顔剃りなどの方法により、容姿を整えること】

「理容師法」で定義されています。

 

美容師の仕事

51d9eda089610ab0facb3dd8457b197f_s

 

美容師とは、美容師法にもあるように、カット、パーマ、カラーリング、化粧などで

ヘアスタイルや容姿を美しくデザインする

美容のプロフェッショナルです。

髪に関する仕事だけでなく、メイクや着物の着付けを担当することもあり、身につけられる技術の幅も広いです。

そのためブライダル業界や成人式の仕事、テレビや雑誌撮影のヘアメイク担当としても多くの美容師が活躍しています。

さらに、美容師免許があると目元の施術を行うこともできるので、アイリストとしても活躍できます。

 

理容師の仕事

880f0eb6cee0b2f3c647967a5966f634_s

 

理容師になるには、美容師と同じように、厚生労働大臣が指定する理容師養成施設又を卒業し、国家試験に合格する必要があります。

美容師は美容全般を担当し、人を美しくするお仕事であることに対し、理容師は

容姿を整えること

がお仕事です。

理容師の技術の中心はカットです。カットのプロですので、カット技術は美容師でもかなわないと言われています。

この2職種の違いには、日本の歴史も深く関係していて、女性は髪を結っていた歴史が長かったのに対し、男性は明治時代の断髪令以来、髪を切るようになったことも関係しているとも言われています。

理容師に向いている人の特徴は、美容師と同じく、技術はもちろん美的センスやコミュニケーション能力があると有利です。

また、美容室に比べ男性客が多いことから、髪の毛や頭皮について 相談されることが多く、確かな知識も求められます。

 

美容室と理容室の見分け方

これは利用するお客様へのワンポイントアドバイスになりますが、理容室と美容室の見分け方です。

赤、青、白のサインポールがあれば床屋、無ければ美容室です。

サインボールを置く義務はありませんが、ほぼこれで見分けられます。

これは世界でも共通のルールのようです。

 

理容師はカミソリを使います

2職種の大きは違うのは、カミソリを使うところでしょう。

活躍の場は理容院や理容室、床屋はもちろん、介護施設などへの訪問理容を行っている企業もあります。

また、ブライダルやエステサロンにて女性のシェービングメニューが増えており、ここで活躍している理容師が増えています。

シェービングの施術には理容師免許が必要なため、こういった職場では女性理容師の需要がとても高いです。

 

シャンプーの姿勢も違います

そしてもう一つの大きな美容室との違いが、シャンプーの姿勢です。

美容室では、シャンプー台に移動して仰向けになり髪の毛を洗いますが、理容室の場合、 散髪台の前をあけると、シャンプー台が出てくるようになっていて、前かがみになり髪の毛を洗います。

 

理容師の活躍の場

近年、理容師を目指す人が減っているというデータが出ています。

理容室が減っていることも、みなさんも生活をしていて感じているかも知れません。

そうなると、理容師の就職先が減っているようにも見えますが、先ほど紹介したように、理容師の活躍の場は理容室に限りません。

美容師も美容室以外での仕事が増えていることと同じく、理容師も今後さらに活躍の場が広がっていく可能性のある職種と言えます。

また、サービスにこだわった理容室などがメディアに取り上げられるなど、新たな形式やイメージを作り上げ、客層を広げている理容室も注目されています。

どんな分野で活躍の場が広がるのか、どんな形態が生まれるのかなど、今後の展開が楽しみな業界と言えます。

 

 

 

資格が異なります!進路選びは気をつけて!

いかがでしたでしょうか。

このように、現在の法律では美容師と理容師は資格も業務範囲も異なります。

つまり身に付ける技術も活躍する職場も異なるのです。

美容師か理容師で進路を悩まれている方は、将来自分がどこで働きたいのか、何をしたいのかを考えて進路を選ぶ事をおすすめします。



美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

動画を使った美容師求人サイト’CM&JOB’が運営しています。 文字だけでは伝えきれなかったサロンの雰囲気、働くスタッフの様子を映像で伝えています。 美'allでは、そんな就職・転職活動中の美容師さんたちに役立つ情報を配信しています。