パート・アルバイトの美容師でも社会保険は入れる?

今回はパートやアルバイトで働く時に、社会保険が入れるかどうかについて、 お話したいと思います。

 

社会保険完備とは?

「正社員だから社会保険には入れて、パート・アルバイトは社会保険には入れない。」

多くの方が勘違いをしがちですが、これは大きな間違いです。

法人経営の場合は、役員(社長含む)従業員(正社員・パートさん・アルバイト)は社会保険(健康保険・厚生年金)労働保険(雇用保険・労災)は全員加入が原則です。

但し除外項目があるので、除外者以外は、正社員でもパートでも加入は「義務」になっています。

 

人を雇うときのルール

厚生労働省ホームページにも記載されております。

一部抜粋して紹介させていただきます。

 

雇用保険

雇用保険は、労働者が失業した場合に、生活の安定と就職の促進のための失業等給付を行う保険制度です。事業所規模にかかわらず、①1週間の所定労働時間が 20時間以上で②31日以上の雇用見込がある人を雇い入れた場合は適用対象となります。雇用保険制度への加入は事業主の義務であり、労働者は自分が雇用保 険制度へ加入しているかどうか、ハローワークに問い合わせることも可能です。保険料は労働者と事業主の双方が負担します。

 

労災保険

労災保険は、労働者の業務が原因でけが、病気、死亡(業務災害)した場合や、また通勤の途中の事故などの場合(通勤災害)に、国が事業主に代わって給付を行う公的な制度です。
労働基準法では、労働者が仕事で病気やけがをしたときには、使用者が療養費を負担し、その病気やけがのため労働者が働けないときは、休業補償を行うことを 義務づけています(労働基準法第75、76条)。しかし、事業主に余裕がなかったり、大きな事故が起きたりした場合には、迅速な補償ができないかもしれま せん。そこで、労働災害が起きたときに労働者が確実な補償を受けられるように、労災保険制度を設けています。 基本的に労働者を一人でも雇用する会社は適用され、保険料は全額事業主が負担します。パートやアルバイトも含むすべての労働者が対象です。

 

健康保険

健康保険は、労働者やその家族が病気やけがをしたときや出産をしたとき、亡くなったときなどに、必要な医療給付や手当金の支給をすることで生活を安定させ ることを目的とした社会保険制度です。病院にかかる時に持って行く保険証は、健康保険に加入することでもらえるものです。これにより、本人が病院の窓口で 払う額(窓口負担)が治療費の3割となります。
健康保険は、[1]国、地方公共団体または法人の事業所、あるいは[2]一定の業種(※)であり常時5人以上を雇用する個人事業所では強制適用となってお り、適用事業所で働く労働者は加入者となります(パート、アルバイトでも、1日または1週間の労働時間および1ヶ月の所定労働日数が、通常の労働者の分の 4分の3以上あれば加入させる必要があります)。また、保険料は、事業主と労働者が折半で負担します。

※一定の業種・・・理容業美容業、製造業、土木建築業、鉱業、電気ガス事業、運送業、清掃業、物品販売業、金融保険業、保管賃貸業、媒介周旋業、集金案内広告工業、教育研究調査業、医療保険業、通信法同業など

 

厚生年金保険

厚生年金保険は、労働者が高齢となって働けなくなったり、何らかの病気やけがによって身体に障害が残ってしまったり、大黒柱を亡くしてその遺族が困窮してしまうといった事態に際し、保険給付を行う制度です。
厚生年金保険適用事業所は、健康保険と同様[1]国、地方公共団体または法人の事業所あるいは[2]一定の業種(※)であり常時5人以上を雇用する個人事 業所では強制適用となっており、適用事業所で働く労働者は加入者となります(パート、アルバイトでも、1日または1週間の労働時間および1か月の所定労働 日数が、通常の労働者の4分の3以上あれば加入させる必要があります)。また、保険料は、事業主と労働者が折半で負担します。

引用元: 厚生労働省「人を雇うときのルール」 

 

 

 パート・アルバイトが社会保険加入条件

それでは、実際にパート・アルバイトが社会保険に入るにはどんな条件かと言うと、

1週間の労働時間が正社員に対して4分の3以上が加入義務の目安

です。

週40時間労働なら、週30時間以上なら、パートさんも社保加入義務です。

週44時間労働なら、週33時間以上が社保加入義務のようになります。

美容業界における、「社会保険の加入義務」は美容室にとって「死活問題」の場合もあるので、この辺のルールが曖昧になりがちです。

実際に美容室に就職や転職を考えている方は、時給なども大切ですがこういった福利厚生も重要ですよね。

結婚や出産のタイミングで、一時的に美容師をやめていて、再び美容師としてカムバックする方も年々増えています。

その際には特に、この辺も参考にされると良いでしょう。

美容師としてブランクがある方や、ママさん美容師としてもう一度美容師を目指したい方は、歓迎している美容室をおすすめします。

 

 



美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

動画を使った美容師求人サイト’CM&JOB’が運営しています。 文字だけでは伝えきれなかったサロンの雰囲気、働くスタッフの様子を映像で伝えています。 美'allでは、そんな就職・転職活動中の美容師さんたちに役立つ情報を配信しています。