美容師が良い人間関係を作るコツは自分から歩み寄ること!

今回は、二人の美容師さんが、「良い人間関係の作り方」 についてお話ししてくださいました。
先輩との関係、お客様との関係など、美容師さんにとっては切っても切り離せない悩みの一つだと思います。
この動画が、何か気づくヒントになればと思います!


共通点を探すことによって、人間関係もうまくいきます!

Hair relaxation fing(大阪市)
坂本未来
私もみなさんと同じ美容学生だった頃、すごく就職活動に悩みました。
「お店に入った時に、美容師続けられるのかな」とか「アシスタント時代って大変って聞くけど、私大丈夫かな」
そんな不安を抱えながらも、やっとの思いでここのお店だ!というお店を見つけ、就職することがきましました。
今日から憧れの美容師生活がスタートだ!と思いながら就職しましたが、想像とは全く違いました。
お店の先輩はやる気がなく、レッスンもあまり見てもらえず、私はだんだん人間不信に陥り、先輩との人間関係をうまく作れず、美容師になる、続ける自信もなくなり、何と3ヶ月で退社してしまいました。
その後縁あって、今の会社fingに務めることになりました。
私がその後、どのように人間不信を改善し、人間関係を築いていったかをお話します。


 

先輩との関係を良くできた方法

みなさんには兄弟がいますか?

お店に入ると、素敵なお兄ちゃん、お姉ちゃんみたいな存在の先輩が出来ます。

私もfingに入ってそうでした。

「ここのお店なら憧れの美容師、頑張れるぞ」そう思いながら頑張っていましたが、どうしても一人、苦手な先輩がいました。

その先輩がクリクリパーマで背の高い先輩でした。

すごく厳しくて毎日毎日怒られて、たまに涙し、ご飯も喉を通らないくらい、だんだんその先輩と働くことが嫌になってしまいました。

「このままだと私前と同じだな」と思いましたが、このままだとダメだと思い、まずは自分から歩み寄ろうと決意しました。

そして先輩と共通の話題がないかなと思い、共通点を探すことにしました。

するとその先輩がお客様と会話をしている時に、バラエティやテレビ番組を良く見ることに気づきました。

これか!と私は思い、そのテレビ番組をチェックし、次の日、自分から先輩に積極的に話しかけるようになりました。

そうすると先輩は、嬉しく私と会話をしてくれて、そこからすごく話が盛り上がり、今では何でも言えるくらい、大好きな先輩になりました。

 

大切なことは自分から歩よる決意

学生の皆さんに一つ伝えたいことがあります。

先輩との良好な人間関係。先輩はいろんな方がいます。

私を叱ってくれて先輩は、私のためを思って叱ってくれたと後々聞いて、感動しました。

ですので、自分から逃げるのではなく、まず自分から歩よる決意をしてください。

そして共通点を探すことによって、人間関係もうまくいきます。

先輩だけでなくお客様とも同じです。

お客様とも沢山の共通点を見つけ、信頼関係を築き、自分のファンになっていただけます。

私もそうゆう風に、人間関係を築き、今では楽しく美容師生活を送っています。何と今年で10年目になります。

学生の皆さんも今の学生生活の中で、何事にもチャレンジし、いろんなことに興味を持ってください。

そうすることによって、素晴らしい美容人生を送ることが出来ますよ。

 


自分から歩み寄ること、勇気いりますよね。何を話したら良いか分からなければ、坂本さんのアドバイスのように、共通点を探してみてください。
先輩や他のスタッフとの関係がよくできれば、それはお客様との関係作りにも役にたつでのはないでしょうか。


 

人間関係を作るために必要なことは一歩踏み出す勇気!

NANEA(守谷市)
林恭太
★ 美容師になったきっかけ ★
高校卒業してもまだ学生を続けていたいという理由で専門学校に入ったのがきっかけでした。

 

年の離れた先輩たちとの人間関係作り

そんな僕がこうして今美容師を続けて入られているのは、スタッフやお客様に恵まれていたからだと思います。

そんな僕の去年の状況ですが、僕は北海道出身で、縁あって今の美容室に就職することができたのですが、新卒採用が久々ということもあり、同期がいませんでした。

働く上で一番不安だった部分が、僕の直々の先輩との年の差が7つ離れているということです。今まで7つ離れている先輩と密にコミュニケーションを取ったことのなかった僕は、正直どう接してくれたらいいのかわかりませんでした。

 

それでも一人暮らしを始めた僕を気遣って、先輩達は家具を一緒に買いに行ってくれたり、お昼にお弁当を作ってきてくれたり、いろいろしていただいていました。

それでもやはりジェネレーションギャップを感じることが多く、近くにそのことを相談できる友達もいなかったためか、僕は徐々に心を閉ざし、先輩たちとも、しまいにはお客様ともコミュニケーションが取れなくなっていました。

そんな僕に気づいてか、先輩のトミーさんが食事に誘ってくれました。

 

先輩が誘ってくれたことをきっかけに気づいたこと

トミーさんはお酒が好きで、営業中もお酒の話ばかり。すごく話しやすい方です。

そんな話しやすいトミーさんに誘われた時でも、心の中では、嫌だな、気まずい雰囲気が流れたらどうしよう、行きたくないとまで思っていました。

いざご飯に行くと、やはりヨソヨソしい空気が流れてしまいました。

それでもお酒のもあったせいか雰囲気が良くなり、結局、2軒はしごをして、すごく楽しかったなと僕はぼんやり覚えています。

その帰り道、僕は気づきました。

あんなに年が離れていることを理由に、接し方がわからないと言っていたはずなのに、2軒目ではトミーさんが聞き役になってしまうほど積極的に話していたなと。

そこで気づきました。僕は歳が離れていることを理由に、自分が心を閉ざし、先輩から、お客様から逃げていただけなんだなと。

そして決めました。

明日から自分から先輩達に話しかけよう。

 

大切なことは一歩踏み出す勇気!

そして次の日、「おはようございます。天気いいですね」

サロンの金魚係りの先輩に「金魚の餌あげておきました。」など、本当にささいな会話を僕は僕なりに続けていきました。すると、先輩達との距離が縮まっていきました。

今では、自分から自分の悩みごと、相談事を先輩に相談できるようになり、しまいには雑誌を見て美味しそうなお店があったら、「ここ行きましょうよ」と言えるようになりました。

 

僕がこうして経験してきた中で言える、良い人間関係を作る最大のコツがあります。

一歩踏み出す勇気を持って、自分から歩みよるということです。

もし皆さんが人間関係で悩んだ時、今日の僕の話を思い出してくれたら嬉しいです。

 


坂本さん同様、林さんも、自ら一歩踏み出してみて、人間関係が良くできています。
自分を変えることで、周りが変わる、ということなのかもしれません。
同じ悩みを持ったアシスタントさん、少しずつ、できることから挑戦してみてはいかがでしょうか。


 



美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

動画を使った美容師求人サイト’CM&JOB’が運営しています。 文字だけでは伝えきれなかったサロンの雰囲気、働くスタッフの様子を映像で伝えています。 美'allでは、そんな就職・転職活動中の美容師さんたちに役立つ情報を配信しています。