美容師のお仕事って楽しいですよ!乗り越えたからわかったこと教えます!


辛い時期に、逃げずに自分と向き合ったことで、今美容師として楽しく過ごせている 2人の体験談です。
乗り越えたからこそ分かったこと、実感したことを話してくれています。
‘逃げないで’‘諦めないで’と自信を持って言える理由があるようです。


辛い時こそ自分を変えられるチャンスの時!

クレッシェンド コンパーニャ(八王子)
須藤 里絵
★美容師になったきっかけ★
憧れていた美容師さんがいたわけではありませんが、小さいころから髪をいじることが大好きで、将来は自分の手を使って人を幸せにできたらいいなと思い、美容師になりました。


自分のモチベーションが下がった時の乗り越え方や考え方について、実際の経験から学んだことを話してくれています。
アシスタント、スタイリスト、階級関係なく、挫けそうになることはあると思います。
でもそんな時こそチャンス!自分を変えられます。


 

◎内容はこちら◎

スタイリストデビューに向け、モデルさんを呼んでカットの練習をしています。

ウィッグを使って練習をしていた頃は、カットをすることが楽しくて、早くモデルさんを呼んでできるようになりたいと思っていました。

やっとできるようになり、実際やってみると、ウィッグと違って、人は髪質、輪郭骨格も違うので、難しくて、思わず泣いてしまったこともありました。

でもそんな時に先輩に「まだ始めたばかりだから大丈夫。これからたくさん練習すればいいんだよ」と励ましてくれました。

私もその時はそう思えましたが、モデルをやればやるほど、カットがわからなくなってしまい、正直モデルさんをやるのが怖くなってしまいました。

そんな時に、パーマとカットを見てもらっていた日がありました。その日も、とても時間がかかってしまい、もう逃げてしまいたいと思いながら、それでもモデルさんをなんとか終わらせました。

モデルさんが帰ったあと、いつも見てもらっている先輩に「今日はどうだった?」と聞かれましたが、私は何も返すことができず「ありがとうございました」と一言言って帰ってしまいました。

その後すごく後悔しました。いつもアドバイスを頂いているのに、何一つ成長できていない自分への悔しさと、先輩への申し訳ないことをしてしまったな、自分どうしてこんなにできないのだろう、本当は向いていないのではないかと思いました。

1通のメールが届きました。その日見てくれていた先輩からでした。

今日はお疲れ様でした。

最終的な形は悪くなかったです。

でも僕はあくまでサポート役だから、須藤ができる最大限までスタイルを作ってからじゃないとお直しはしたくありません。

そして最後に振り返りをして次の課題を見つけ出さないなら、僕はもう見たくありません。

今は辛いかもしれないけれど、一つ一つ乗り越えないと。

須藤がモデルをやっている時に、僕ができること、手伝えることは沢山ある。でもそれをやってしまうと、須藤がスタイルを作るのが遅くなってしまう。

須藤には自信を持ってスタイルを作ってもらいたい。

 

というメールが届きました。それを読んだ瞬間、思わず泣いてしまい、私は今まで何を見て仕事をしてきたのかな、ただ今の自分と向き合うことが怖くて、逃げていただけなんだと思いました。

でも今は、前に進まないと何も変わらないと思い、次の日の朝、すぐに先輩の所に行き、今の自分の正直な気持ちと、もう一度モデルを見てもらいたいとお願いをし、昨日の振り返りを一緒にしてもらいました。

すると先輩は怒ることなく、一つ一つ丁寧に教えてくれ、その瞬間気持ちがすごく楽になりました。

みなさんも壁にぶつかったことはありませんか?

辛い時、苦しい時はどうしても背を向けたくなると思います。でも絶対に逃げないでください。

辛い時こそ自分を変えられるチャンスだと、私は思っています。

今私の周りには、自分を支えてくれる沢山の仲間と、自分を成長させてくれる先輩たちがいます。その中で働けてすごく幸せです。

私もまだまだこれからです。一緒に素敵な美容師になりましょう。

美容のお仕事ってすごく楽しいですよ。


先輩の優しさからも、誰もが通る壁であることがわかります。
超えた美容師にしかわからない美容師の楽しさがあるようです。
乗り越て成長出来た時、メールをくれた先輩のような素敵な美容師になれるのかもしれませんね。

 

 

 

何度失敗しても大丈夫!

BPJ’S(世田谷)
阿蘇 拓巳


簡単なことではないですが、やりがいを見つければ、仕事が楽しくなることを実感したようです。
阿蘇さんは、趣味の漫画の中に出てきた言葉を思い出しながら、挑戦を続けているようです。


 

◎内容はこちら◎

美容師になってこのお店に入って約5年になります。

正直、辞めようと思った瞬間は何度か有りました。

朝から夜までの営業が辛かったり、お給料が低かったり、練習してもうまくならなかったり、理由は様々ありました。

そんな時に、漫画が趣味で、たまたま出会って、懐かしいから買った漫画があります。

ドラえもんです。みなさんもご存知だと思いますが、あるシーンに自分を重ねた言葉がありました。

『君はこの先何度も転ぶ。でもその度に起き上がる力を君は持っているんだよ』

という言葉です。

この言葉を実感したことが僕は1年目の時にありました。

辞めようかなと考えていた1年目の時に、子供カットデーというイベントがあるのですが、早い人はそこでデビューができるようになります。

なんとか無事デビューできるようになり、準備を進めていたのですが、練習しても練習してもうまくいかないこともあったり、カットの経験も浅くお客様に入るのが不安でした。

そんな中、男の子を担当することになり、お母さんにヘアスタイルどうしますか?などを聞きながら進めました。

カットが終わると、自分の中では良いスタイルができたなと思っていましたが、その後の先輩のチェックで、沢山指導頂いて、自分これだけ練習してもダメなんだなと、自信をなくしてしまいました。

自信をなくしたまま、2,3ヶ月後練習を重ねていました。

2ヶ月後にその男の子がまた来てくれました。その時は指名してくれました。

子供でも嬉しくて、お母さんとお話してみると、ある言葉を言われた事が今でも心に残っています。

「お兄さんのカットすごく良かったです。子供もまたカットして欲しいとすごく会いたがっていました。親身に髪の悩みも聞いてくれて、お兄さんになら安心して任せられます。

お兄さんがかっこいいと思う髪型にしてください。」と言われました。

その時に、美容師、お客様の喜びを自分の手で作っていく。お客様に求められる存在になって、その人の人生に関われることが喜びを感じて、自分にとって続けていく理由なんだなと、失敗して何度も何度も転んで、そこで立ち上がって初めて気が付きました。

辞めようと思っていたのはきっと、やりがいを見失っていたんだと思います。

決して、やりがいを見つけることは簡単なことではないですが、諦めないで前を見続けて、自分と向き合って立ち上がっていけば、辞めようという気持ちは自然となくなっていくと思います。

最後になりますが、僕はドラえもんではないのですが、この言葉を送りたいと思います。

『君はこの先、何度も転ぶ。でもその度に起き上がる力を君は持っているんだよ。』

この言葉を美容でもなんでもいいのですが、一つのきっかけとして悩んだ時に思い出して、頑張ってください。


 



美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

動画を使った美容師求人サイト’CM&JOB’が運営しています。 文字だけでは伝えきれなかったサロンの雰囲気、働くスタッフの様子を映像で伝えています。 美'allでは、そんな就職・転職活動中の美容師さんたちに役立つ情報を配信しています。