周りからの言葉は美容師としての成長のヒント!3つの大切なこととは?


今回は、美容師生活の中でも、一番悩む時期かもしれない アシスタント期間の過ごし方について、二人の美容師が実体験を話してくれています。
二人に共通していることは、周りへの相談、周りからの言葉によって辛い時期を脱している点です。
スタイリストやオーナーのみなさんにとっては、通った道だと思いますが、今サロンで活躍している後輩や新卒のアシスタントさんが悩んでいるかも知れません。
みなさんからの言葉やアドバイスは、彼らを勇気づけているようです。
どうアドバイスをしたらいいか悩んでいる先輩美容師さんにも見ていただきたい内容です。


嬉しかったのは「頑張れ」ではなく『一緒に頑張ろう!』

NANEA(守谷市)
富田 沙耶佳
★美容師になったきっかけ★
中学の時に剣道部に所属していました。その時の髪型がダサくコンプレックスで、部活引退後、知り合いの美容師さんにお願いしてイメチェンをしてもらいました。
その髪型が周りからすごく好評で、初めて褒められました。
その時に、ハサミ一本でこんなに人を幸せにできる仕事があるんだなと思い、そこに憧れて、美容師を目指しました。


富田さんがはなしてくださったのは「モチベーションが下がった時の乗り越え方」です。
周りの言葉にヒントが隠れていたようです。


 

◎内容はこちら◎

専門学校時代に、接客の勉強になればと思い、居酒屋でバイトをしていたので、ある程度なら出来るだろうと天狗になっていた時期がありました。

いざ働いてみると、全然何もできずに迷惑をかけることしか出来ませんでした。唯一できる仕事が床の掃き掃除。

毎日毎日小さなミスを起こし、先輩に怒られる日々で、自分なんか必要ないのでは、この仕事向いてないのではと思いながら仕事をしていました。

そんなある日に、お客様に言っていただいた一言があります。

「富ちゃんさ、最近NANEA色に染まってきたね」と言われました。

NANEA色ってなんだろ?と思いつつ、素直にすごく嬉しかったです。

やっと常連のお客様に、自分を認めてもらえたのかなと思いました。

それが私の美容師人生の中で最初のターニングポイントになり、それがあったおかげでその時期、辞めずに済みました。

その後も仕事をしていくと色々壁にぶち当たりました。

私はお酒を飲むのがすごく好きで、よく、オーナー、スタッフ、オーナーのお友達と一緒に飲みに行かせてもらっています。

オーナーのお友達の柴田さんと三人で飲みに行った時に、私がモヤモヤしている中、柴田さんに言っていただいたことがあります。

「俺思うんだけど、美容師ってお客様に夢を売る素敵な仕事だと思う。そんな美容師の仕事でお前が成功するのが俺の夢だから、一緒にがんばろうよ」

と方を強く叩いて乾杯してくれました。

柴田さんはいつも、私が悩んでいる時に、飲みに連れて行ってくださるのですが、必ず「頑張れ」ではなく「一緒に頑張ろう」と言ってくださいます。

私はそれがすごく嬉しかったです。

お客さん、周りのスタッフから素敵な言葉のプレゼントをもらってきました。

それがあったから、今私はモチベーションが下がった時も、その言葉を胸に頑張れていると思います。

先輩や先生から色んなアドバイスをもらうと思います。ぜひその言葉に耳を傾けてください。素直に受け止めて下さい。

必ず自分が成長できる言葉が隠されているはずなので、実行してみてはいかがでしょうか。

 


振り返ってみると、沢山の言葉に支えられていたようです。
先輩や周りからのちょっとしたアドバイスの中に自分の成長に繋がるヒントもあるかもしれません。

 

周りへの相談の大切さと、3つの大切なこと!

ビューティサロン エンゼル(青葉台)
佐藤 恵梨
★美容師になったきっかけ★
ファッション誌のヘアメイクのページを見て、どうやったらこんなに可愛くなれるんだろ?と思ったことがきっかけでした。
美容学校に入ってからも、憧れの美容師に一歩近づけるのだなと楽しみでいっぱいでした。


これから美容室で働くという方は特に、不安がある方のほうが多いかと思います。。
そんな方に向けて、辞めたくなった時、モチベーションが下がった時の乗り越え方、考え方についてお話してくださいました。。
3つのポイントを大切に過ごすだけでも美容師生活は変わってくるようです。


 

◎内容はこちら◎

私がお店に入った時は、気合十分で、なんでも出来ます、という顔をしていたと思います。

自分ができることは、掃除、洗濯、それすらも出来ないことがあって、自分はここにいる意味があるんだろうかと、すごく悩みました。

するとモチベーションがいっきに下がってすごく悩みました。

モチベーションが下がると何もかもやりたくなくなりますよね。

でも私は相手に気持ちを伝えることがすごく苦手で、先輩に相談することができませんでした。

みなさんは勇気を持って先輩に相談してほしいと思います。

私も勇気を出して2人の先輩に相談しました。

一人目の先輩には、「私はここにいる意味がありますか?必要とされていますか?」と相談しました。その先輩は全てを受け止めて共感してくれました。

二人目の先輩とは次の課題、改善点を見つけて、一緒に課題を考えてもらいました。

その時に気づいたことは、一人目の先輩に共感してもらうことで、少しモチベーションが上がります。

モチベーションが上がると、次にどうしたらいいかを自分なりに考えるようになります。

考えて悩んだ事を二人目の先輩と一緒に改善点を見つけて次の課題を見つけてもらいました。

例えば、自分ができることは最初にするとか、「ありがとうございます」を大切にするとか、何でもいいと思います。

そうすると、消化しきれなかったものがスーッとなくなって、明日からこれでもひとつ頑張れば良いのだという自信に繋がると思います。

悩んだり落ち込んだりすることは誰にでもあると思います。

ですが、一人では考えこまずに、周りの誰かに、先輩やご家族や先生に相談してみてください。

先輩も同じ気持で1年目を過ごしてきていると思います。

美容室で働くことは大変なことばかりではないですが、少しでも楽しく過ごせるように、3つの大切なことをお伝えします。

素直な心

感謝の言葉

謙虚な気持ち

この3つを大切にしていれば、必ず先輩達は力になってくれると思います。

これがモチベーションの下がった時に乗り越えられる自信に繋がるのだと思います。




美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

動画を使った美容師求人サイト’CM&JOB’が運営しています。 文字だけでは伝えきれなかったサロンの雰囲気、働くスタッフの様子を映像で伝えています。 美'allでは、そんな就職・転職活動中の美容師さんたちに役立つ情報を配信しています。