美容師のアシスタントはやりがいのあるお仕事です!


サロンに入社後、技術を学びながらアシスタントとして活躍する期間があります 。
このアシスタント期間、みなさんはどんなイメージをお持ちですか?
アシスタントが実際どんなお仕事をしているのか、下積みと言われるこの時期をどんなふうに過ごすべきか、実際の経験を元に2人の美容師さんが話してくれています。


お客様との出会いを大切に

ネオ・ゼロ(松戸)
伊藤 隆之
★美容師になったきっかけ★
美容師になったきっかけは、美容師という仕事に憧れをもっていた、かっこいい仕事がしたかった、モテたかったの3つあります。
美容師になって2年目のアシスタントです。


「アシスタントのやりがい」についてお話していただきます。
伊藤さんは、あるお客様との出会いが、やりがいを見つけるきっかけになったようです。


 

アシスタントがやりがいのある仕事に変わった瞬間

今美容師になって僕が心がけていることがあります。それは、全員のお客様から指名をいただくことが目標です。

昔は日々の仕事でいっぱいいっぱいで、考える余裕すらありませんでした。

ある人との出会いがきっかけで、ただ言われたことをやっていたアシスタントの仕事がやりがいのある仕事に変わりました。

その方とは尊敬するマネージャーのお客様の安藤様という方です。

こだわりのある方で、ブランドや流行にも敏感で、特に美容に関してはすごくこだわりがありました。

ヘアマネキュアを何色も自分で混ぜたり、パーマはマネージャーに細かに指示をしていました。

その日はマネージャーのアシスタントとしてついていました。

自分が納得しないとダメな人なんだろうな、と思いながら、ただ人事のように見ていました。

そんな僕に安藤様が急に、「あなたちゃんと覚えた?」とおっしゃいました。

びっくりしてしまい、曖昧な返事をしてしまいました。その後すぐに、

「将来はあなたにやってもらうからね」と言ってくださいました。

その時はまだ1年目のアシスタントでしたが、とても嬉しかったことを覚えています。

まさか安藤様にこんな事を言っていただけるとは思っていなかったですし、将来必ず指名を頂いて綺麗にして喜んでいただきたいと思えるようになりました。

また、安藤様だけでなく、全員のお客様を綺麗にして、喜んでいただけたらどれだけ楽しいだろう、この方達を幸せにできたらという想いが強くなりました。

そのためにスタイリストデビューに向けて、今一生懸命頑張っています。

 

僕の成長を待ってくださっている人がいる!

会社の理念にこんな言葉があります。「巡りあう方々を決して後悔をさせない」

毎日朝礼で経営理念をみんなで言うのですが、今までイマイチ意味も考えず、ただ言っていただけでした。

でも安藤様に「将来はあなたにやってもらうんだからね」と言っていただけたその一言で、

僕の成長を待ってくれる方がいて、僕の成長を応援してくれる仲間がいることに気づき、僕もその期待に応えたい、巡りあう方々を決して後悔させないと心に決めました。

その瞬間から今まで仕事を作業としていたことにも気付き、お客様にどう接したら喜んでもらえるかを第一に考えるようになりました。

そのおかげで毎日楽しくお客様一人ひとりを大切に思えます。

これが僕の美容師としてのやりがいです。

 

小さなことでも’やりがい’を見つけてみてください。

みなさんも美容師として、悩んだり挫けたり、沢山あると思います。

僕みたいに小さい事でいいので、やりがいを見つけてみてください。

そうすれば、美容師になっても、学生生活も楽しくなります。

きっと皆さんにも素敵な出会いがあるはずです。その出会いを楽しみにしていてください。


アシスタントのお仕事をしているみなさんが思っているよりも、お客様、周りの仲間には、成長を応援してくれている人が沢山いるのではないでしょうか。
頑張りは必ず見てくれている人もいます。
沢山あるお客様との出会いを一つ一つ大切にすることで、貴重な経験にも巡り合えるようです。

 

美容師の求人はこちら

 

アシスタントの経験は自分の世界観、人生観が広がる

cheveux(松戸市)
佐々木 淳子
私はアシスタントというお仕事について、とてもやりがいのあるお仕事だと思っています。
技術という面でもそうですが、お客様にお話することで喜んでいただけることもあると思います。
実際、私が経験したことをお話させていただきますが、そのことに気づいてから沢山のお客様に喜んでいただけるようになりました。


 「アシスタントは大変な仕事」と思っていた佐々木さん。
技術面でできる事は少ないですが、お話はできる、という思いを実践してみたところ、お客様の笑顔を見られたり、やりがいを見つけられたり、とても充実したアシスタント期間を過ごしているようです。
アシスタント期間だからこそ可能な経験があるようです。


 

学生時代のアシスタントのイメージが一変

美容学生の頃は、アシスタントというお仕事についてとても不安がありました。シャンプーしか出来なくて、カットが出来なくて、ずっと長い間雑用をしているイメージしかなく、自分で乗り越えられるのか不安でした。

実際、仕事を始めてからも、「やはりそうなんだ」という日々が続いていました。

シャンプーしてマッサージして、床履いて、雑用忙しい時は代わる代わるお客様の所に行って、、、という日々が続いて、「何がやりがいなんだろ?」と悩んでいる時がありました。

やりがいがないとお仕事は楽しくないので、楽しいと思えるにはどうしたらいいのか、悩んでいた時がありました。

そんな時に、あるお客様と出会いました。オーナー指名のお客様です。

シャンプーとヘッドスパに入らせていただきました。とてもお話好きな方で、とても楽しくお話させていただきました。

お話しているとすごく楽しいなと感じていたら、終わり際に、お客様にも「君と話しているとすごく楽しい」と言っていただけました。

喜んでいただけたことが、すごく嬉しかったです。

これがアシスタントとしてのやりがいなのかなと思えました。

 

アシスタントなのに指名をいただけた!

次に入る機会もあり、その時もやはりすごく楽しくお話させて頂いて、お客様に、「カットは誰でもいいから、それ以外のことは佐々木さんにお願いしていいかな?」と言っていただきました。

すごく嬉しくて、私はアシスタントなのにいいのかな?と思ったのですが、先輩に聞いてみたら「そんな経験なかなかないことだから、やってみて」と言われました。

それ以来、毎回、そのお客様は私が、カット以外のことを全部担当させていただいています。毎回楽しくお話させて頂いていて、その度、このお仕事は楽しいんだなと思うことができました。

 

アシスタント期間だから出来る事

お話するということでお客様に喜んでもらえる、というのと、アシスタントの期間だからこそ色んなお客様と接することができると思います。

指名になると、その方達だけになってしまいますが、アシスタントの今だからこそ、沢山のお客様とお話をすることで、自分の考え方とか人生観が変わってきたような気がします。

他愛のないお話ですが、例えばオススメの映画を聞くと、自分が見たことのない映画だったりすると、自分の中で考え方が広がったり、味わったことのない感覚を覚えることができて、こうやって自分の考え方は広げられるんだなと感じています。

他愛のないお話の中でもアドバイスをいただけて、自分の将来についても広がっていっている用に感じます。

自分の世界観も広がって「あれもやりたい」「これもやりたい」と思えるようになったり、「これをやるには、あの情報を使えばできる」などが分かるようになり、将来像が明確に見ることができました。

アシスタントの今だから経験できる経験なのだなと思えることがあって、アシスタントの仕事が大好きです。

今カットに入っているので、もう少ししかアシスタントの期間はありませんが、大切にしていきたいと思っています。

 

勇気を出してお客様に話しかけてみて!

アシスタントの仕事が始まると、最初は大変だと思う事もあるかもしれませんが、勇気をだして、一声お客様にお話しかけてみると、楽しくなると思いますし、お客様の笑顔を沢山見ることができると思います。

アシスタントのできることと言うと、技術もそうですが、その場の空気で喜んでいただけるお仕事だと思っています。

みなさんも頑張ってみてください。私も頑張ります。


アシスタントだからと遠慮する必要はなく、アシスタントだからこそできる気配りや、アシスタントだから経験できることもあるようです。
アシスタントとして自信を持ってお客様と接してみると、佐々木さんのように世界観がどんどん広がるきっかけになるかもしれません。

 



美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

動画を使った美容師求人サイト’CM&JOB’が運営しています。 文字だけでは伝えきれなかったサロンの雰囲気、働くスタッフの様子を映像で伝えています。 美'allでは、そんな就職・転職活動中の美容師さんたちに役立つ情報を配信しています。