美容師さんが使っているSNS

美容師さんがよく利用しているSNSについて紹介します!

自分の作品を掲載したり、 お店の情報を伝える手段として使っている美容師さんも多いですよね。

使う側の美容師さん、ヘアスタイルを探しているお客さんはもちろん、美容学生さんにもオススメです!

どんなスタイルを作りたいか、どんなスタイルを学びたいかに合わせて、美容室を選ぶ基準にすることもできます。

いつも使っているSNSだけでも、フォロー先探しの参考にしてください。

 

facebook

facebook

 

SNSと言えば、日本でも完全に浸透しているfacebook。実名登録で信頼度もあり、登録ユーザー数はSNSの中で最大です。

長い文章も掲載できるので、文章や説明付き、何かの告知の際も便利です。

フォロワー数を増やせれば、拡散率も高いです。’いいね’’シェア’’コメント’をした人の友達にも拡散できます。

コメントやメッセンジャー機能などが充実しているので、フォロワーとのコミュニケーションが取りやすいツールで、既存のお客様にも効果的でしょう。

一方、コミュニケーションが取りやすいため、期待していたものと違う内容のコメントが送られてくることもあります。 迅速、丁寧な対応が必要です。

投稿して終わり、ではなく、定期的に確認できる環境を作ることも重要です。

機能追加やアップデートも多く、今後も期待が高まります。また、ビジネスにも取り入れてくる企業が増えると予想されています。

 

Twitter

twitter

 

こちらも写真、動画、共に投稿可能です。

元々、文字が中心のSNSだったため、文字のみの投稿が多く、写真の閲覧にはあまり向いていません。

‘リツイート’や’お気に入りボタン’で拡散が可能です。リツイート機能によって、広く拡散することもできます。

またYahooなどと提携していることもあり、検索結果にTwitterの内容が出てくることもあり、人の目に付きやすいです。

他のメディアと連動してイベント化することにも向いています。

他のSNSに比べて口コミに近い印象があり、良くも悪くも拡散力が強いと言われています。

タグつけが可能で、人気のタグを付けて閲覧数を増やすことができますが、’いいね’ボタン等がないため、閲覧数、反響をすぐに確認することは難しいです。

 

Instagram

instagram

 

今、美容師さんたちのSNSと言えばInstagramではないでしょうか。

Instagramは、写真と動画の投稿のためのSNSです。写真・動画がメインなので、綺麗な写真、プロの写真も多く、自分の写真を目立たせるにはクオリティを保つ必要があります。

その点、美容師さんが撮影会などで撮ったスタイル写真などは向いています。

他のSNSとの大きな違いは、フォローしている人の投稿しか流れてこないことです。

コメントも付けられますが、フォロワーの画面に流れることがないため、拡散という面では難しかもしれません。

タグが中心で、検索もタグを使うことが多いので、人気のタグを付けることで多くの人の目に触れさせて、フォロワー数に関係なく’いいね’数を増やすことも可能です。そこからフォロワーの獲得を狙えます。

コミュニケーションツールが少ないので、フォロワーへコメント返しや’いいね’のお返しなどを少し丁寧に行うことが他のSNSに比べて必要に感じます。

 

Pinterest

pintrest

 

こちらも写真投稿用のSNSです。日本ではInstagramの方がメジャーになっていますが、Pinterestもスタイリッシュで高さの異なる写真が縦に並んでいるデザインは’Pinterest風’としてWEB業界でも話題になりました。

フォローしたボードの写真、関連性のある写真が流れてきます。検索方法はカテゴリからがメイン。関連する写真から辿っていくこともできます。

’いいね’ボタンがあります。自分の投稿はコメント付きでできますが、人の投稿にはコメント機能はないため、フォロワーとのコミュニケーションには向いていません。

Instagramとの違いは、気に入った写真とクリッピングして自分のボードに集めておける点です。

気に入ったスタイルを保存しておけるので、ユーザーとして使いたい美容師さんにもオススメです。

リンクを貼ったり、場所情報を加えることもできるので、ホームページやブログ、サロンの情報を載せることにも向いています。

 

mixi

mixi

 

日本国内のSNSです。2004年頃から始まったSNSです。匿名性でfacebookは短い投稿が中心であることに対し、mixiは日記の投稿が中心です。

コミュニティーに参加して共通の趣味や目的を持っている人たちと情報交換、コミュニケーションを取ることができます。

mixiではスタイル写真の紹介とかではなく、スタッフの募集で利用している美容師さんも少なくないのではないでしょうか。

以前ほど利用者が多くなく、実用性は低いかもしれません。

 

Google+

googleplus

Googleが独自に始めたSNSです。SEOに使うためにスタートしたSNSと言われていましたが、予想以上に浸透しなかったため、一般的なSNSと同じ形態になっています。

Googleのアカウントがあれば、自動的にページが作成されるため、利用者数が多く見えますが、実際活用している人は、特に日本では多くはないでしょう。

TwitterとInstagram、Pinterestの良いところ取りのような見た目で、写真も文字も見やすいです。

フォローしたり、サークルに参加していると、それらの投稿が流れてきます。

Gmailで連絡を取ったことのある人や、共通の友達で候補者が出てきます。 優先度は低いので、簡単に始められるので余裕があれば使ってみると良いかもしれません。

 

活用方法は様々!

SNSは、それぞれの特徴に合わせて活用すると、集客や求人活動にも効果的です。

新しいお客様はもちろん、美容師のファンを増やすこともできるでしょう。

もちろん、すでに知名度のある美容師さんはどんどんフォロワー数を稼げると思いますが、ほとんどの方は、地道な努力を続ける必要があるでしょう。

続けるコツは楽しむこと。その点、SNSは反応もわかるので、発信も楽しんで続けられます。

また、発信するだけではなく、情報収集に利用することもできます。

日本だけでなく、世界中の情報を見ることも簡単にできるので、他のスタイリストの作品を見たり、最新の流行を確認できます。

どのSNSも、PC・スマホ両方から写真、動画の投稿も簡単にできます。

移動時間や少し空いた時間を利用して、美容師生活に活用してみてください♪



美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

動画を使った美容師求人サイト’CM&JOB’が運営しています。 文字だけでは伝えきれなかったサロンの雰囲気、働くスタッフの様子を映像で伝えています。 美'allでは、そんな就職・転職活動中の美容師さんたちに役立つ情報を配信しています。